俳優

“Netflixの息子” 俳優ソン・ガン、最新ビジュアルで魅力爆発!「最も苦戦した役」も公開|スポーツソウル日本版

Netflixで配信中の『わかっていても』に出演中の若手俳優ソン・ガンが、ファッション雑誌『marie claire』9月号の表紙を飾った。

【写真】ソン・ガンの“カメラ目線SHOT”にファン悶絶

ソン・ガンは表紙および撮影カットの中で優しくて強い魅力を披露している。

同誌のインタビューでは、最近の出演作である『Sweet Home -俺と世界の絶望-』『恋するアプリ Love Alarm』『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』『わかっていても』の4作に触れながら反響に対する驚きや、浮かれないように気持ちを抑えた時間があったことを告白した。

馴染むまでに結構時間がかかったキャラクターとしては『ナビレラ』のチェロクを挙げた彼は、過去作を振り返りながら作品への愛情と思い出を語っている。

また、演技力を鍛える方法として、さまざまな作品を見ることと自分を観察することを試みていると言いながら演技に対する真摯な態度を表した。

ソン・ガンは現在、Netflixで配信中の『わかっていても』でパク・ジェオン役を熱演中。同作は韓国JTBCにて毎週土曜日23時に放送中で、Netflixでも同時配信されている。

(写真提供=marie claire)

◇ソン・ガン プロフィール

1994年4月23日生まれ。韓国・水原(スウォン)出身。 高校卒業後、『タイタニック』でのレオナルド・ディカプリオの眼差しに惚れ、俳優を志す。2017年に日本の漫画原作のドラマ『カノジョは嘘を愛しすぎてる』で俳優デビュー。2019年にはNetflixオリジナルシリーズ『恋するアプリ Love Alarm』『Sweet Home―俺と世界の絶望―』などに出演し“Netflixの息子”とも呼ばれている。

もっと見せる

関連記事

Close
Close