俳優

「マイナスはプラスに、ネガティブはポジティブに」。国を超えてチャレンジする二人の女性が見出した答えとは? | 文春オンライン

 今回は、国際的な活躍を続けている二人の女性にご登場いただき、彼女たちが直面している課題や、コロナ禍で孤立しがちな女性に対するメッセージなどを語っていただきました。

JICA中東・欧州部 小森 明子さん(左)と、俳優 サヘル・ローズさん(右)。

差別は国籍ではなく、未知なるものへの恐怖心から生まれる

 テレビや映画、舞台などで活躍を続けるサヘル・ローズさんは、8歳の時に養母と共に来日。時には住む家もない貧困生活を送ったこともあるが、彼女を養護施設から迎えてくれた養母の愛に包まれ、さまざまな困難を乗り越えてきた。現在は俳優活動と並行し、途上国の子どもたちへの支援活動にも力を尽くしている。

 今回は、幼少期から中東で生活することが多かったというJICA職員小森明子さんとサヘルさんが初対談。多様性の時代に日本が向き合うべき課題や、女性が社会問題に対して声を上げる困難さ、コロナ禍での孤立化などについて、同世代の二人が率直に語り合った。

サヘル・ローズさん(以下サヘル) 実は私、JICAとはご縁があって、以前私の養母がJICAの海外研修生の通訳を務めていたんですよ。それで私もJICAの通訳のテストを受けたことがあるんです。

小森明子さん(以下小森) え、そうなんですか!

サヘル そうなんです。母はもともとイランでボランティア活動に積極的に参加していたので、私も自然と、大人になったら社会のために何ができるんだろうと考えるようになったんです。

小森 ご著書にも書かれていましたが、サヘルさんにとってお母さまの存在はとても大きなものなんですね。

サヘル そうですね。私が現在のような支援活動を始めた大きなきっかけは、もちろん養母の存在や、幼少期のいろいろな出来事にあると思います。でも、私は本当に恵まれた子どもの一人だったんですよ。はたから見たら大変で苦しい経験をして、「苦しかったね」「かわいそう」って言われてしまうことが多いんですけど、でも私は決して自分をかわいそうだと思っていないし、過去をネガティブにとらえたこともないんです。

 私も母も、日本で出会った人たちに本当に支えてもらったから生きてこられた。その経験があるからこそ、人は一人では生きていけないし、特に異国の地では誰かの支えが必要なんだと知ることができました。

小森 来日当初は日本語も分からず、疎外感が強かったでしょうね。

サヘル でも、大人はもっと大変だと思うんです。母が言葉も宗教も違う国で子どもと一緒に生きていくためには、工場での重労働のような働き口しかなかった。だからといって、自分の国に帰ったところで当時は、戦争や革命で女性の地位がすごく下がってしまっていて、自由などないというのが現実だったんですよ。せめて娘には、自由に生きていける場所を提供したかったんだと思います。

小森 お母さまにとっては、サヘルさんの未来が大切だったんですね。

サヘル でも、それが28年前の日本だったから良かったんですよ。当時の日本には、いい意味でお節介な人がたくさんいましたから。

小森 お節介なご近所さん?

サヘル そうそう。お節介ほど幸せなものってないんですよ。スーパーで毎日試食だけしていたら、係のおばさんが「ちょっと待って、これ持っていってね」って、食べ物がぎっしり詰まった紙袋を差し出してくれたり、学校給食のおばちゃんが、路上生活をしていたときにお風呂にも入れずに異臭がする私を見かねて「どうした、大丈夫?」って声をかけてくれて、公園生活から私たちを助け出してくれたり。

小森 今の世の中、「大丈夫?」って声をかけることが、日本人同士でも減っていっているかもしれませんね。

サヘル SDGsのバッジをわざわざ胸につけなくたって、日本人は以前から面倒見の良い、いい意味でお節介でSDGsだったわけですよ。私はそれを強く体感してきた。だから、今の日本の人たちにもすごくそれを伝えたい。ちゃんとお隣さんが見えていますか、ちゃんと向き合えていますか、って。

小森 特にコロナ以降どんどん人と人が分断されてしまって、より一層大きな壁となってしまっていると感じます。

サヘル 決して日本だけのことではなくて、世界共通の問題だと思います。差別とは一体何なのか、なぜ人は差別をするのか。それはたぶん、未知なるものへの恐怖からでしかない。恐怖から、または無関心から、差別が生まれてしまうんじゃないでしょうか。

小森 それは私も共感するところが多いですね。私の場合、父の仕事の都合で1歳から4歳までサウジアラビアで暮らし、幼稚園で日本に帰り、また8歳でエジプトに行ったんです。そこで通ったインターナショナルスクールでは、異なる国籍の子どもたちの間で多少の差別的な言葉を耳にすることはありましたが、基本的にはお互いを認め合っていたように思います。それよりも私にとっては、日本に帰ってきた時のほうが、戸惑いが大きかったですね。

サヘル いじめですか?

小森 うーん、受け入れられないという感覚が強くありましたね。日本には小学校5年生で再帰国したんですけれども、周りの子からは、見た目は日本人なのに何か雰囲気が違う子という目で見られて、みんなに無視されるということが数か月くらいはありました。あれ、同じ日本人なのに受け入れてもらえないんだ、おかしいなぁって。

 その経験から学んだのは、国籍など何人だから受け入れる、何人だから受け入れないということではなく、差別をする人は、たぶん価値観や無知から来る恐怖心から相手を受け入れられず、距離をとろうとする気持ちが働いてしまうんじゃないかなと。

サヘル でも、分からないということは相手には自分とは違ったもの、初めて出会う個性があるということですよね。外国にいると自分の考えていることは自分の言葉でちゃんと伝えていくこと、そこにも個性がすごく求められる。それが日本の輪の中、たとえば学校の中に入ったときに、個性の強い子はちょっと変わっている子という受け止め方をされてしまう事は少なくないですよね。

 個性があるってとっても素敵なこと。人間には全員それぞれの色があるはずなのに、どうしてそれが認められないんだろうって、いつも思っていたんです。生まれたときから自分の色って必ず存在しているから。みんなに合わせて無色になる必要はないんです。

小森 それはすごく響く言葉ですね。私も子どもの頃は、周りの様子をじっくり観察し、なるべく目立たないように、何も言わないようにって考えていたところが、多分あったと思うんです。

 二十歳になるまでは3、4年ごとに住む場所が変わっていたので、行く先々で自分が受け入れられるためには、なるべくその場所の色に自分が染まるようにしていかないといけなかった。だから周りの様子を見て、それに自分を合わせるという癖が、今でも残ってしまっているかもしれません。

サヘル 私も施設で育っているので、養子を迎えようと来た大人たちに好かれるよう、とにかく顔色ばっかりうかがっていました。それは苦しかったですよ、自分らしさなんてないなって。でも、人間だれでも過去のトラウマを抱えて生きていると思うんです。それは弱点かもしれないけど、弱さって逆に、私たちの強みなんですよね。

 自分にとっては苦しかった幼少期も、その経験があるから他人の変化に気づけるようになったし、人の目をしっかり見られるようになったし。トラウマも一つの財産で、どんなこともプラスに変換できる。それを人生が教えてくれるからこそ、焦ることって本当に必要ないんだなって私は思うんです。

「カンボジアの孤児院を訪問した時の写真です。キャラクターの洋服を着ている少女が帰りぎわに、別のボランティアの人に撮ってもらった自分の写真をくれました。彼女たちには自分が写った写真がほとんどないから、大切な写真を渡したのは、『私も連れて行って。忘れないで』という深い意味でもあると思います」(サヘルさん)
「カンボジアの孤児院を訪問した時の写真です。キャラクターの洋服を着ている少女が帰りぎわに、別のボランティアの人に撮ってもらった自分の写真をくれました。彼女たちには自分が写った写真がほとんどないから、大切な写真を渡したのは、『私も連れて行って。忘れないで』という深い意味でもあると思います」(サヘルさん)

相手に伴走しながら一緒に考えていくことが本当の協力のあり方

「ここはインドとの国境付近にあるバングラデシュの小さな村の、男の子たちのための施設です。親のいない子や、親自身も物乞いをして生きるしかないような環境の子をここで預かり、教育を受けさせています。子どもには教育が必要であり、知識は決して裏切らないと、強く感じます」(サヘルさん)
「ここはインドとの国境付近にあるバングラデシュの小さな村の、男の子たちのための施設です。親のいない子や、親自身も物乞いをして生きるしかないような環境の子をここで預かり、教育を受けさせています。子どもには教育が必要であり、知識は決して裏切らないと、強く感じます」(サヘルさん)

サヘル 私はこれまでに多くの国を訪れましたが、貧しい地域でも、出会った子どもたちの瞳は、私の数百倍キラキラしていて、将来の目標をしっかり持って、真剣に今日を生きているんです。

 私たちは平和の中ですごく守られていて、「これは明日でいいや」って普通に明日を生きていますが、彼らにはその明日が来ないこともありうる。明日のために生きるのではなくて、今日のためにどれだけ真剣に生きるかということを、私は旅先の子どもたちに気づかされましたね。小森さんはそういう経験はありませんか?

小森 ありますね。自分の価値観やものさしは絶対ではなく、異なる環境、異なる文化の人と接することで、さまざまな気づきが生まれ、相手の価値観やものさしが分かる。それが自分にとってのmissing pieceかもしれなくて、それを知ることが自分の許容範囲というか幅を拡げるひとつの経験になると思います。

 今、国際協力の仕事をしていてすごく思うのですが、国際協力はもちろん相手の国やその国にいらっしゃる人のための仕事なんですけど、それによってその仕事に関わっている私たち日本人もすごくいろんなことに気づかされるんです。相手国に対する理解もそうですし、国際情勢もそう。さらには自分自身の国についてもそうです。

 日本にはこんなにすばらしい技能や技術や製品、たくさんの宝物があって、まだまだいろんな国の人々と共有できるものがあるって。異国や異文化、新たなものに対する感受性を高めることが、まだまだ不完全な自分自身を成長させるためには必要だと、すごく感じさせられます。

「これもカンボジアでの写真。農村の女性たちを自立させるために、ビーズを使った小物の作り方を教えている施設です。ここで私は、お腹を空かせた人に魚を与えるのではなく、釣りの仕方を教えること、いわゆる雇用を生むことの大切さを学びました」(サヘルさん)
「これもカンボジアでの写真。農村の女性たちを自立させるために、ビーズを使った小物の作り方を教えている施設です。ここで私は、お腹を空かせた人に魚を与えるのではなく、釣りの仕方を教えること、いわゆる雇用を生むことの大切さを学びました」(サヘルさん)

サヘル でも、支援のあり方って本当に難しいですよね。私はインドネシアの隣の東ティモールに暮らしているアナという女の子の学費を支援しているんですが、サポートするからにはその子と直接向き合いたいと思い、実際に東ティモールに行ったんです。

 アナの夢は学校の先生になることですが、彼女が住む地域はとても貧しくて、子どももあまり学校に行けないんです。アナも毎日遠く離れた水源まで水を汲みに行かなくてはいけない。

 当時145センチくらいのちっちゃい子が何キロも歩いて、重たいバケツで水を汲んでくるんです。それで思わず、「アナ知ってる? 世界では普通、蛇口をひねると水が出てくるんだよ」って言いかけてしまって。でも、あ、ちょっと待って、これって果たして本当に言うべき言葉なんだろうかと悩んでしまいました。

小森 あぁ……。

サヘル なぜならアナたちは、自分たちがこれが普通と思って生活をしているわけなんです。そこに私の普通を押し付けても、それは決してハッピーなことではないですし、傷つけてしまうんじゃないかと思ったんです。

 だから、サポートってなんなんだろうって。支援って一歩間違えたら支配にしかならない、思いどおりに彼らを動かそうとしちゃいけないし、ましてや、物乞いをする子にお金を渡す事は、本当は一番やってはいけないやり方だと。JICAさんでも協力の期間を決めていると思いますが、それはすごく大切だなと思うんです。私たちがそこに入ってずーっとサポートしてしまうと、彼らは自分が何もしなくても日本から来てくれたチームがずっと支えてくれると思ってしまいます。

小森 うんうん。

サヘル 人が生きていくためには、魚を渡すのではなく、こうやって魚を釣るんだよと、やり方を教えるほうが大切。期間を決めて魚の釣り方や畑の耕し方を教え、その期間を終えたらこちらは身を引く。その国の人たちにちゃんと自分たちで回してもらわなければ意味がないと思うんです。私たちがやりすぎたら絶対ダメなんだということを、痛感しているんです。

「親御さんを巻き込んで学校の環境改善を行う『学校改善プロジェクト』が実施されていたニジェールの小学校を訪問した時の写真です。人懐こい子どもたちに、たくさん元気をもらいました」(小森さん)
「親御さんを巻き込んで学校の環境改善を行う『学校改善プロジェクト』が実施されていたニジェールの小学校を訪問した時の写真です。人懐こい子どもたちに、たくさん元気をもらいました」(小森さん)

小森 本当にそうですね。私も以前、アフリカのある村に小学校を作るプロジェクトを進めていた時、現地に行って実際の状況を見たら、学校に行けていなくても、子どもたちはすごくイキイキとしていたんですよ。

 ただ、彼らだって、学校に行けばもっと楽しいことがあるかもしれない。それを押し付けるのではなく、新たな可能性として相手に示して、「だったら学校に行ってみたい」って思ってもらえるように、丁寧なコミュニケーションをとっていくことの大切さを、特に現場に行くと感じます。

サヘル まずは相手の状況を知り、相手の話を聞くということですね。

小森 はい。それに加えて、何か新たなプロジェクトを進める時には、相手が抱えている問題が何なのかを丁寧に読み解き、それに対してどういうソリューションがあるのかを一緒に考える。日本ではこういうやり方があるよというのはもちろん示しますが、そのうえでどういう道筋で課題解決に向かっていくかを、相手に伴走しながら一緒に考えていくことが必要だと思います。

 一つのプロジェクトが終わった後、それをキャリーしていくのは相手の国の人々ですので、あくまで主役は彼らなんですよ。相手に寄り添い、そのうえで本音をぶつけ合うと、信頼関係が生まれてくる。そこが国際協力の仕事の面白さでもあるのかなと思います。

サヘル ぶつかり合う火花ってみんな恐れがちなんですけどね(笑)。今の小森さんのお話って、国際的な支援活動に限らず、日本の中でも仕事や対人関係で悩んでいる人にも良いヒントだと思います。同じものを見ているからといって必ずしも同じ感性で見ているわけではないから、同じように見えているとはかぎらない。

 信号機の色がいい例で、私から見たら緑だけど、他の人は青って言います。同じように物事だって、違った角度から見てみたら違うものに見えるかもしれませんよね。相手はどんな視線、どんな視点で見ているんだろうと考えて、そこにちゃんとフィフティ・フィフティで歩み寄ることがすごく大事なんですよね。

小森 相手の意見や声に耳を傾け、自分も声に出して意見を伝える。その大切さですね。

「パレスチナ事務所にいる頃に担当していた農業プロジェクトで、接ぎ木の技術などを日本人専門家が技術指導したところ、見事なスイカが生産でき、事務所の現地スタッフや住民の方々と収穫している様子です。あまりの収穫量の多さに皆喜び、その場でスイカを食べながら豊作を祝いました」(小森さん)
「パレスチナ事務所にいる頃に担当していた農業プロジェクトで、接ぎ木の技術などを日本人専門家が技術指導したところ、見事なスイカが生産でき、事務所の現地スタッフや住民の方々と収穫している様子です。あまりの収穫量の多さに皆喜び、その場でスイカを食べながら豊作を祝いました」(小森さん)

自分を大切にできた時に、初めて誰かのために何かができる

サヘル 日本は自殺する方が多いです。コロナ禍以降、特に女性の方が亡くなっているということを耳にします。それはやはり、人とちゃんと話せていないからじゃないかとも思います。

 コロナ禍で誰とも会えない、会話もできない、ストレスのはけ口もない。そんな孤独の中で爆発寸前の女性ってたくさんいます。だからこそ、やっぱり対話をすることが非常に必要だと私は思います。

小森 自分としてはさまざまな問題意識を持っているけれども、誰にどう伝えればいいのか、どうアクションを起こせばいいのかと悩んでいる人もいるかもしれません。

 そういう人は、「自分はこう思っているんだけど」っていうところをまず周りの人に共有し、無関心から関心のきっかけをつくる、仲間を作っていくということが、最初の一歩になるんじゃないかと思いますね。

サヘル 最初は身近なところからですね。いきなり社会に向けて声を上げるのは、ハードルが高いでしょうし。

小森 そうすれば、周りにどれくらいその意見に共感する人がいるのかを知ることができると思いますし、他の人の意見を聞いて「あ、そういう考えもあるな」というふうに、自分の考えをより反芻して熟度を上げることもできると思います。

 それともう一方で、特に強い問題意識はないけれど、何かしら社会の役に立ちたいという気持ちがあるという人もいますよね。そういう人は、いろんな人の話を聞いて、良い聞き手になることも大切だと思います。

 友人からまた友人というように範囲を広げて、いろんな人と接し、いろんな人の話を聞く。そうすると次第に人々が抱えている社会のさまざまな問題についての理解も深まるし、それに対して自分はどういうアクションをとれるのかが、なんとなく分かってくるのかなって。

サヘル 私がすごく感じるのは、人にはそれぞれタイミングがあるということ。動き出せるタイミングって本当に人それぞれバラバラで、合わない靴を履かせて無理にその人を歩かせてしまっても、靴ずれしてしまったり、途中で歩くこと自体がもう嫌になって倒れてしまったりする。その人が自分で動き出せるタイミングを見つけたとき動き出せば、それでいいと思っています。

 何かしたいのに何もできない自分というジレンマを抱いた時点で、もう気づきがあるわけじゃないですか。ジレンマですら「自分はちゃんと意識を持っている」と誇りに思ってほしいですし、葛藤している自分、問題に関わろうとしている自分をちゃんと褒めてあげてほしい。

 自分を褒められる社会になれば、人は自分を好きになれるし、自分を初めて好きになって自分を大切にできたときに、次は誰かのために何かができるんです。

小森 本当に人生のペースは人それぞれで、どのタイミングで何をやるかに正解はないですよね。でも、その一歩を踏み出せば、確実に何かが変わると思うんですよね。行動して「あちゃー、やっぱマズった!」って思うかもしれないけど、それによって得られる学びもあるから、決してマイナスではないんですよね。やらなくて残る後悔のほうが、私はすごく辛い。

サヘル 全く一緒です! 私、失敗ほど成功したものってないと思っているんですよ。失敗するからこそ違った角度が見えるし、だったらこうやってみようかって新たなアイデアも浮かぶ。誰かが作った辞書では失敗という単語の意味がネガティブな内容になっているかもしれないけれど、一人一人が自分の中で新しい辞書を作って、失敗という言葉の意味を「成功」って書き換えればいいですよね。

小森 そうですね、そういう気持ちを持てたら、いろんな人に対する思いやりにつながり、さらには多様性にもつながるのかなと思います。

サヘル 今はこういうコロナ禍にありますが、すべての方々が、こういう時代をいい経験だと考えて生きてみてほしいと思います。コロナ=不幸と決めつけてしまうより、私はコロナ禍の中で学んだことや気づかされたことをポジティブにとらえたいですね。

 結局物事には、何かしらその先に進める道が必ずあるんだと思えるんです。自分の持っている苦しみや痛みを、いつか誰かに話せるタイミングが来る。それを話せたときに、あ、あなたもそうだったのって、苦しかった傷も誰かと共有できるものになれる。痛みは共有するために存在しているのであって、決して無駄ではないってことを、多くの人に伝えたいです。

小森 そうですね。コロナ禍で失ったものも多いと思いますし、生活の上で厳しいことも多々ありますが、ピンチの裏には何らかのプラスがあると信じたいです。

 自分にとって大切なものは何かということを見つけられれば、いかようにでもマイナスはプラスに、ネガティブはポジティブに変えられる可能性はあるし、変える力は自分の手にある。それを誰もが信じられる社会であってほしいと思います。

サヘル・ローズ
イラン生まれ。8歳で来日。日本語を小学校の校長先生から学ぶ。舞台『恭しき娼婦』では主演を務め、主演映画『冷たい床』では、ミラノ国際映画祭で最優秀主演女優賞を受賞するなど、映画や舞台、俳優としても活動の幅を広げている。第9回若者力大賞を受賞し、2020年にアメリカにて人権活動家賞も受賞。芸能活動以外にも、国際人権団体NGOの「すべての子どもに家庭を」の活動で親善大使を務めている。最近ではさまざまな国へ行き、子供たちへの支援や、青空教室などを行っている。

小森 明子
東京都生まれ。幼少期を中東(サウジアラビア、エジプト、シリア)で約9年間過ごす。米国ブリンマー大学卒業後、2001年にJICA入構。2008年より4 年にわたってパレスチナ事務所勤務、農業開発プロジェクトを担当。帰国後、東京本部に配属。2020年より中東・欧州部(中東第一課)でエジプト・モロッコ・チュニジア・アルジェリア・リビア5カ国の担当課長。さまざまな教育制度(日本、米国、英国)の下で自身が学んできた経験から、教育分野、異文化コミュニケーションに関心が高い。

独立行政法人国際協力機構(JICA)
https://www.jica.go.jp/

文春オンライン×CREA WEB特別企画①~ソーシャルビジネス×ジェンダー平等がもたらす地球の未来~ 気鋭の社会起業家によるスペシャル対談「持続可能なビジネスとして成立しなければ、課題解決はない」

文春オンライン×CREA WEB特別企画②~ソーシャルビジネス×ジェンダー平等がもたらす地球の未来~ 「アフリカに救急医療を。全てのママに安心な出産を。国を越えた志高き女性の挑戦とは?」

文春オンライン×CREA WEB特別企画③~ソーシャルビジネス×ジェンダー平等がもたらす地球の未来~ 現代に渋沢栄一がいたら迷わず投資するのはアフリカ? アフリカ発ビジネスの可能性。

写真 三宅史郎

もっと見せる

関連記事

Close
Close