俳優

まだまだ現役!ケビン・コスナー、デンゼル・ワシントン、ブルース・ウィリス 渋オジ“同級生”俳優たち (2021年7月15日) – エキサイトニュース

『すべてが変わった日』メイキング ©2020 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
8月6日(金)にプロデューサーと主演を兼任した『すべてが変わった日』が公開されるケビン・コスナー、日本では劇場未公開ではあるものの、ラミ・マレック、ジャレッド・レトらと共演した最新作『リトル・シングス』がレンタル開始となるデンゼル・ワシントン、『ダイ・ハード』シリーズで人気を得て以降、ほぼ毎年日本公開作があるブルース・ウィリス。彼ら3人の共通点は、長きに渡り活躍する俳優ということと、日本でいうところ“同級生”という点だ。

1955年1月18日生まれのコスナー、1954年12月28日生まれのワシントン、1955年3月19日生まれのブルース。現在彼ら3人は66歳。日本でいうところ“高齢者”である。新型コロナのワクチンでいえば、最初に打つことを割り当てられた年齢枠に該当している。とはいえ、日本の高齢者がまだまだ元気に活躍していることでもわかるように、コスナー、ワシントン、ウィリスも若かりし頃と同様、俳優として活躍しており、主役、もしくは主役級のポジションで作品に出演している。

『すべてが変わった日』©2020 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
1982年デビューのコスナー。日本では『アンタッチャブル』(87)、『フィールド・オブ・ドリームス』(89)、コスナー自身がアカデミー賞監督賞を受賞し、アカデミー賞作品賞も受賞した『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(90)で知名度を高め、一躍有名にしたのは『

もっと見せる

関連記事

Close
Close