俳優

BTS ジン、悲願だった俳優の肩書き!日本新曲『Film out』韓国ネットの反応 – DANMEE ダンミ

BTS(防弾少年団)が日本オリジナル曲『Film out』をリリース。これに併せてミュージックビデオも公開され、韓国では楽曲はもちろんメンバーたちの演技力も高く評価されているようだ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

4月2日、BTS(防弾少年団)が新曲『Film out』をリリースし、ミュージックビデオが公式YouTube(ユーチューブ)で公開された。

『Film out』は、映画『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』の主題歌で、BTSのメンバージョングクが楽曲制作に参加し、日本のロックバンドback number(バックナンバー)とコラボレーションした日本オリジナル曲だ。

BTSが日本オリジナル曲『Film out』をリリース(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

“今でも目に浮かぶあの人、心の中から消えないあの人を想う‥”といった情緒深いバラード曲である『Film out』。

ミュージックビデオが公開されると、その映像は韓国でも話題になり、常にBTSの楽曲をモニタリングしているファンからは「今まで聞いた日本語の曲の中で一番好きな歌だ」「すごく良い曲。メンバーたちの歌声に癒される」「今回のコンセプト、最高だね」などの反応が寄せられている。

楽曲に対する称賛の声が溢れる一方で、もう1つ多く見られた意見がジンの演技力。ファンからは「ジンはまるで俳優のよう。切ない目つきや表情、感情の演技が素晴らしい」と驚きと感動の声が上がっている。

実際、ジンは本来俳優になるために建国大学の演劇映画科に通っていた。高校2年生の時に俳優キム・ナムギルが出演したMBCドラマ『善徳女王(2009)』を見て感動し、自分も誰かを泣かせる演技をしたいと思い俳優になる夢を抱いたそうだ。

(関連記事)ロールモデルとついに遭遇!BTSジンをときめかせた俳優の正体とは

元々俳優を目指していたジン

ジンは元々俳優を目指していた(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

ジンは、これまでリリースされたBTSのミュージックビデオや、リアリティーコンテンツ『Run BTS!』、また、BTSのゲームアプリ『BTS WORLD』など様々なコンテンツで優れた演技力を披露してファンの視線を惹きつけてきた。

中でも、ニューヨーク・タイムズ、シカゴ・ トリビューン、バラエティなど、欧米のエンタメ産業専門の業界紙でジャーナリストを務めるキム・ジェハ氏もジンの演技に魅了され、過去に”俳優キム・ソクジン(ジンの本名)”に対する心境を述べたことがある。

キム・ジェハ氏は、自身のSNSに「繰り返して言うが、私は本当にジンが映画やドラマに出る姿が見たい。探偵、特攻隊の隊長のような役で出演したら良いだろう。彼が忙しいことは分かるが、いつかは音楽以外でも彼のカリスマと才能を見ることができたら嬉しい」と綴った。

このように、多方面から”芝居をするジンが見たい”という意見が聞かれていた中、今回の新曲『Film out』で、今一度演技の実力を証明したジン。

ファンにとっては念願の”俳優キム・ソクジン”が堪能でき、ジン本人も悲願だった俳優の肩書きを手に入れたと言っても過言ではないだろう。

(関連動画)BTSジンの演技に注目!映画「シグナル」主題歌 ‘Film out’ MV解禁

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースによって誕生した。
BigHitエンターテインメントに所属している。
デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。
グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。
ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1300)

もっと見せる

関連記事

Close
Close