俳優

日本サッカー界の新星・三笘薫が新CMに出演、見事な肉体美を披露「俳優さんみたい」 | ORICON NEWS | 沖縄タイムス+プラス

 Jリーグ・川崎フロンターレの三笘薫選手が、スポーツ飲料ブランド『アクエリアス』の新イメージキャラクターに就任。三笘が出演する新CM「熱いカラダに、冷えたアクエリ。」篇が22日から放映開始すると、ネット上では早くも「納得の起用」「スター性高い」「俳優さんみたい」などの声が寄せられている。

三苫選手が出演する新CM『熱いカラダに、冷えたアクエリ。』篇

【撮影カット】見事な肉体美… ハードトレーニングで自身を極限まで追い込む三苫薫選手

 三笘はチーム加入1年目ながら、去年の公式戦5試合連続ゴールほか、新人として史上5人目となる2桁得点を記録する大活躍で、川崎フロンターレのJ1優勝に大きく貢献した。26日に控えたアルゼンチン代表戦では、久保建英らとともにU-24日本代表メンバーに選出され、東京五輪での活躍も大いに期待されている。そんな彼が本CMでは、自身を極限まで追い込みながら全身の筋肉を使うハードなトレーニングの姿を披露している。

 専門のスポーツトレーナーによる指導の下、バトルロープトレーニングやプッシュアップ、シャトルランなど、トップアスリートでも呼吸を乱すハードなメニューが組まれた。さらに、リアリティに満ちた映像を制作するため、三笘選手の肉体が限界を迎える寸前のタイミングでカメラを回したという。

 ウォーミングアップ後にはトレーニングウェアを脱ぎ見事な肉体美を見せ、短いインターバルで全メニューを体験した三笘選手は「めっちゃキツい!ヤバいです!ここまで追い込むとは思わなかった!」と本音を漏らす場面も。それでも想像以上に過酷な撮影に周囲のスタッフが心配する中、「こんなに限界を引き出してくれるなんてありがたいです。ウォーミングアップですらキツかったですからね~」と笑顔を見せた。撮影後には、クールダウンを兼ねてシザースやヒールリフトなど、高難度のテクニックからシュートを決める華麗なプレーを披露。

 「試合中は難しくて出す場面がないけど、ネイマールのような選手は遊び心があって、大きな舞台でもそういうプレーができるので憧れていました。サッカー選手を目指す子どもたちにもぜひチャレンジしてほしいと思います」とコメントした一方で、自身の目標は「日本代表に入って海外で活躍したいです。チームとしても去年優勝することができましたけど、今年も全部のタイトルを狙って勝ち取れるように、チーム一丸となって頑張りたいと思います」と熱い意気込みを語った。

オリコンスタイルは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

もっと見せる

関連記事

Close
Close