俳優

『 きみセカ 』出演のN.Flyingキム・ジェヒョン 帰国直前、日本滞在ラスト独占インタビュー – カルチャー&ライフスタイルトピックス

韓国に戻ったらやりたいこと

 ――まもなく韓国に帰られますが、日本滞在中、プライベートで思い出深かったことは?

 もう、いっぱいあります。ひとり暮らしで料理が趣味になったこともそうですが、やっぱり竹内涼真ヒョンたち日本の俳優さんと友達になれたことですね。とくに涼真ヒョンは本当によくしてくれました。僕が「日本のおすすめの食べ物屋を教えて」と聞くと、ズラーっと沢山のお店の情報をLINEで送ってくれたし、撮影現場でもいつも気にかけてくれて。言葉に表せないぐらい感謝しています。

―― 韓国に帰ったら、一番最初にやりたことは?

メンバーのフェスンさんが作ったキムチチゲを食べたい! フェスンさんとフンさんは料理が本当に上手なんです。韓国料理はフェスンさんが一番。フンさんはステーキとかお刺身も上手に作るので、本当にびっくりしますよ。カクテルも作れる。最近は、スンヒョプさんも上手になりました。得意なのはクリームスパゲティ。韓国に戻ったら。フェスンさんがキムチチゲを、スンヒョプさんがクリームスパゲティを、その後ろでフンさんがカクテルを作って、ドンソンさんはサービング(笑)。僕は食べる専門のお客さん。

 ――では、日本から涼真ヒョンや笹野師匠たち共演者が韓国にやってきました。みんなをどこに案内しますか?

 全部連れていきたいですけど、まず、梨泰院に連れていきます。最近、日本でドラマの『梨泰院クラス』が流行っていて、共演者の方々も観ている人が多いんです。本物の梨泰院の雰囲気を一緒に味わってほしいなあと。みんな梨泰院は夜の街って思っているでしょ? でも、正直言って、梨泰院は朝がキレイなんです。朝の梨泰院のカフェやレストランに、ぜひ、連れて行きたいです。

――今後の目標を教えてください。

もう、早くライブがやりたいです。バンドなのに、ライブがやりたいっていうことっておかしい状況ですよね。早く新型コロナウィルスが終息して、ライブをやることが今の目標です。最終的には、N.Flyingのメンバーと80歳までバンドをやること。俳優としては、今回共演したみんなともう一度ドラマをやってみたいですね。それと、映画の経験がないので、映画にも出演してみたい。SFファンタジーに出ることが目標です。

 ――6月30日には新曲「Amnesia」が発売されるんですよね。

はい、皆さん、お待たせしました!実はこの曲は昨年7月に発売するはずだったんですが、コロナの影響で発売が延期になっちゃって……。心待ちにしていた分、発売が決まったときは本当に嬉しかったです。「Amnesia」はリーダーのスンヒョプさんが作詞作曲しました。今までのN.Flyingにない新しい雰囲気の曲になっています。あと、「Amnesia」は「記憶喪失」という意味なので、このモヤモヤする嫌な時期は忘れて、前に進むという気持ちで聴いてもらえたら嬉しいです。

――最後に、読者にメッセージをお願いします。

 今回は俳優として日本にやってきましたが、本当に楽しかったです。この取材が僕の日本での最後の取材です。いろいろ思い出ができたなあと、振り返ることができて、楽しかったです。ありがとうございました。

コロナが終息したら、僕たちN.Flyingが、日本で必ずライブをやりますから、ぜひ、観に来てください。それまでは、寂しいかもしれませんが、「Amnesia」が発売されますので、それを聴きながら、もう少し待っていてください。また、お会いしましょう!

https://nflying-official.jp/

photos:FNC ENTERTAINMENT JAPAN 

もっと見せる

関連記事

Close
Close