俳優

俳優、クリストファー・プラマーさんが死去 トラップ大佐役を名演 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

死去したクリストファー・プラマーさん(ロイター=共同)【拡大】

 米メディアによると、ミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」のトラップ大佐役で知られるカナダ生まれのアカデミー賞俳優クリストファー・プラマーさんが5日、米東部コネティカット州ウェストンの自宅で死去した。91歳だった。妻の俳優エレイン・テイラーさんは、転倒に伴う頭部への打撲が死因だと語った。

 1929年12月、カナダ東部トロント生まれ。50年代にブロードウェー・デビューを果たし、ジュリー・アンドリュースさんと共演した「サウンド・オブ・ミュージック」(65年)のトラップ大佐役で広く知られるようになった。主演を務めた演劇「シラノ」で74年にトニー賞ミュージカル主演男優賞を受賞。エミー賞も2回受賞した。

 「人生はビギナーズ」(2011年)で、年老いてからゲイをカミングアウトした父親役を演じ、米アカデミー賞助演男優賞を史上最高齢の82歳で受賞。「ゲティ家の身代金」(17年)では、強制わいせつなどの容疑で訴追された米俳優ケビン・スペイシー氏の代役を急きょ務めた。 19年には本格ミステリー映画「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」でミステリー作家を演じるなど、晩年まで活躍した。曽祖父はカナダのアボット元首相。3度結婚し、長女は俳優アマンダ・プラマーさん。(共同)

もっと見せる

関連記事

Close
Close