俳優

『ダーク・マテリアルズ/ライラと黄金の羅針盤 II』シーズン2から登場のアンドリュー・スコットが撮影秘話語るインタビューコメント解禁!「まさに空想力の賜物であり、チーム全員の努力の結晶だ」:時事ドットコム

[株式会社スター・チャンネル]

『ゲーム・オブ・スローンズ』のHBO(R)×『SHERLOCK/シャーロック』のBBCが贈る壮大なファンタジー・アドベンチャー待望のシーズン2を早くも2月25日(木)23時より独占日本初放送!

株式会社スター・チャンネル(東京都港区)は、「BS10 スターチャンネル」にて、HBOとBBCがタッグを組み、大ヒットファンタジー小説三部作をドラマ化した『ダーク・マテリアルズ/黄金の羅針盤』の待望のシーズン2 『ダーク・マテリアルズ/ライラと黄金の羅針盤 II』を早くも2月25日(木)23時より独占日本初放送致します! ※2月21日(日)20時より第1話<先行>無料放送

本作は、現実によく似たパラレルワールドを舞台に、『LOGAN/ローガン』のダフネ・キーン演じるライラが豪華キャストとともに繰り広げる大冒険を、 英国TV史上最高額といわれる製作費をかけ、見事に映像化した壮大なファンタジー・アドベンチャーです。原作小説「ライラの冒険」は『黄金の羅針盤』『神秘の短剣』『琥珀の望遠鏡』の三部作からなり、『黄金の羅針盤』は2007年に『ライラの冒険 黄金の羅針盤』として映画化もされております。そして今回の『ダーク・マテリアルズ/ライラと黄金の羅針盤 II』は、『黄金の羅針盤』のさらにその先の物語を初めて映像化した作品となっております!新たな世界に舞台を移し、ライラの壮大な冒険が始まる注目のシーズン2を、どうぞ見逃しなく!

大好評だったシーズン1に続き早くもシーズン2の放送が待ち遠しいが、今回はライラが新たな街チッタガーゼで出会った少年ウィルの父親でありシーズン2より初登場となる新キャラクター、ジョン・パリーを演じるアンドリュー・スコット(『SHERLOCK』、『Fleabag フリーバッグ』)の貴重なインタビューが届いた。

本作のオファーを受ける前からフィリップ・プルマンの原作をよく知っていたというアンドリューは、「とても素晴らしい本だよ。フィリップは大人にとっても難しいテーマを描くという意味で最高の作家だと思っている。宗教や人が持つ闇の部分、家族の闇や生きることの怖さといったテーマを果敢に描いているんだ」とファンタジーでありながらも大人向けのテーマを内包した原作の魅力を語る。アンドリューが演じるジョン・パリーというキャラクターについては「色んな顔を持つ男だから、演じるのはチャレンジだった。彼は猛烈に孤独なキャラクターだし、孤独である必要がないのにそうなってしまった人物なだけにとても悲しいと思う」と秘めた過去を持つジョンの役作りを回想した。劇中の世界では、人間と強い絆で結ばれている動物の姿をした守護精霊・ダイモンが登場するが、「僕のダイモンはミサゴだ。とても美しいメスのフォルムをしていて、声を演じるのは僕の友人であり同僚のフィービー・ウォーラー=ブリッジなんだ」と『Fleabag フリーバッグ』でも共演した2人の再タッグについて明かす。「最高のアイデアだよね(笑)。みんなが僕らのことを連想してくれたら嬉しい。しかもジョンとダイモンのような親密な関係を演じるとなれば尚更、みんなに楽しんでもらえるようなものができているといいな」とシリーズファンを喜ばせるような発言も。これまでにも『SHERLOCK』、『Fleabag フリーバッグ』といった人気シリーズで印象的な役柄を演じているアンドリューだが、「役者は様々な人物を演じて、観ている人に信じてもらうことが役目なんだ。そのためには非常に強い力のある脚本の手助けが不可欠だ。アーサー・コナン・ドイル(『SHERLOCK』)やフィリップ・プルマンの描く素材は最高だし、僕の仕事を楽なものにしてくれる。素晴らしい脚本は僕を夢中にさせてくれる、役者にとって最高の協力者でもあるんだよ」と役者と脚本家の信頼関係を明かす。圧倒的な映像美が見どころであり、パペット相手に演じた後に映像にCG処理を施すことも多いという本作の撮影の様子については、「制作チームは桁外れな才能にあふれているね。正直グリーンスクリーンの中で演じるのがとても難しい時もある。だから監督を信頼しているところが多いね。リン(・マヌエル=ミランダ)との共演シーンがほとんどだから、彼と一緒にこの見事な架空の世界を創作するのが僕の仕事なんだけれど、それは子供が自分の部屋で想像上の宇宙の中にいるのと同じように、できるだけ空想の羽を広げることなんだ」と自身の空想力を発揮して別の世界を作り出す役者の使命感について語ると、「まさにこの作品は空想力の賜物。チーム全員の努力の結晶なんだ。すべてはフィリップ・プルマンひとりのアイデアからから始まり、何百何千という人たちのコラボレーションとなり、何百億人の人たちが楽しめる素晴らしい作品が完成したんだよ。たったひとつの核が驚くべきものへと成長するなんて本当にすごいことだよね」と語り、大人も楽しめるファンタジー・アドベンチャーである本作への期待値が高まるインタビューとなった。

<HBOドラマ『ダーク・マテリアルズ/ライラと黄金の羅針盤 II』(全7話)>
【放送】BS10 スターチャンネル
◆字幕版: 2月25日(木)より 毎週木曜23時 ほか  ※2月21日(日) 20時~ 字幕版 第1話〈先行〉無料放送
<シーズン1もあわせて放送>(全8話)
◆字幕版:2月11日(祝・木)&2月18日(木)19時~4話ずつ放送 
※2月7日(日) 19時45分~ 字幕版 第1話無料放送
公式サイト:https://www.star-ch.jp/drama/hisdarkmaterials/sid=2/p=t/
※当初の情報解禁時から邦題を変更しております。

<アンドリュー・スコット(ジョン・パリー役) インタビュー全文>

Q:あなたの演じるジョン・パリーはシーズン1には登場しませんでした。とはいえ、彼の存在が感じ取れるような部分がありました。まだ登場してなくても存在感があり、シーズン2でいよいよ姿を現しましたね。

アンドリュー・スコット(以下:AS):熟練のストーリーテリングというのは、小説やドラマにそのキャラクターが実際に登場する前からその影を漂わせて観客や読者の期待感をより一層煽るものなんだ。場合によっては登場シーンが少ない方がいよいよ姿を現した時の衝撃が大きい。満を持しての登場だ、とね。今回がそのパターンになっているといいね。みんなをガッカリさせていないことを願うよ!

Q:原作は以前からご存じでしたか?

AS:うん、よく知っているよ。役者として僕の経験からいうと、小説を映像化するというのは、“スクリーン上で語られるストーリー”に注意を払うことなんだ。(本シリーズの脚本を手掛ける)ジャック・ソーンは素晴らしい脚本家だ。だからある意味で僕の役目はその彼が解釈したストーリーを彼のヴィジョンに忠実に演じることだと思うんだ。時には映像化したストーリーのほうではなく原作のほうにこだわり過ぎてしまうことがある。だから僕は原作小説を楽しみながら読んだりせず、あくまで仕事として目を通しておいて、文字の世界ではなく映像の世界のほうを純粋に想像するようにしているんだ。今回は原作もよく知っていたけれど、いつもはそれが僕のやり方なんだ。

Q:今回はオファーを受ける以前から原作を読んでいたのですよね?

AS:そう、とても素晴らしい本だよ。(原作の)フィリップは大人にとっても難しいテーマを描くという意味で最高の作家だと思っている。つまり宗教や人が持つ闇の部分、家族の闇や生きることの怖さといったテーマを果敢に描いているんだ。

Q:原作を読んでいない人に向けて、ジョン・パリーについて教えていただけますか? とても並外れたキャラクターで秘めた過去がありそうですね……。

AS:ストーリーを通してジョン・パリーには様々な面が登場するよ。それだけに演じるのもチャレンジだった。いろんな顔を持つ男だからね。さらに彼の息子のウィルの目を通したジョンの姿もある。お互いに一緒に過ごす時間があまりなかったこともあって、ウィルの想像上の父親は実際の父親と同じくらいに強い人になっているんだ。父子が実際に顔を合わせる前にこのふたりがお互いのことを語る姿が見られたのは良かったね。

Q:ジョンはこの世界を去り別の世界へと旅立ちました。ウィルは父親がいないことをとても辛く感じているようですね。

AS:ああ、それはウィルもそうだけどジョンも同じなんだ。誤った理由とはいえ、家族のために決意をした男を演じるのはとても楽しい。彼は猛烈に孤独なキャラクターだし、孤独である必要がないのにそうなってしまった人物なだけにとても悲しいと思う。離れなくても良かったはずの我が子と離れて、しかも会えないのに自分の家族を必死で取り戻そうとするなんてかなり辛いことだよ。だから彼はリー・スコーズビー(リン=マヌエル・ミランダ)と出会って奇妙な友情を育むことになる。リンとの共演は最高だったよ。このふたりのキャラクターの掛け合いがとても気に入っているし、この全く似ていない者同士の関係を視聴者にも楽しんでもらえるんじゃないかな。

Q:私たちにもダイモンがいるべきだと思うのですが、あなたにダイモンがいるとしたら……。

AS:(笑)。きっとみんないるはずさ。ただ見えないだけなんだよ。

Q:ジョン・パリーのダイモンについて教えてください。

AS:僕のダイモンはミサゴだ。とても美しいメスのフォルムをしていて、声を演じるのは僕の友人であり同僚のフィービー・ウォーラー=ブリッジなんだ。彼女が僕のダイモンの声をやると聞いてとても嬉しかったね。

Q:『Fleabag フリーバッグ』のファンにとっては嬉しいボーナスですね。

(※アンドリュー・スコットとフィービー・ウォーラー=ブリッジは『Fleabag フリーバッグ』で親密な関係になる役で共演している。)

AS:最高のアイデアだよね(笑)。すごくいいし、なるほどね、と思うよ。

Q:フィービーのキャスティングを知ってから、彼女とこの話はしましたか?

AS:ああ、話したよ、すごくいいアイデアだ。みんなが僕らのことを連想してくれたら嬉しいね。しかもジョンとダイモンのような親密な関係を演じるとなれば尚更、みんなに楽しんでもらえるようなものができているいいな。とてもクールだったよ。

Q:これまでにも、『SHERLOCK』、『Fleabag フリーバッグ』といった人気シリーズで印象的な役柄を演じていますね。そして本作でもさらに熱烈なファンを増やすことになりそうです。様々な役を演じて視聴者を楽しませ続けていますね?

AS:観ている人を少々驚かせたいんだ。だからいつも違うことをしたいし、まったく違う正反対のタイプの人物を演じたいんだよ。役者は様々な人物を演じて、それらを観ている人に信じてもらうことが役目なんだ。そのためには非常に強い力のある脚本の手助けが不可欠だ。まぁ、 『Fleabag フリーバッグ』は違うけどね。アーサー・コナン・ドイル(『SHERLOCK』)やフィリップ・プルマンの描く素材は最高だし、僕の仕事を楽なものにしてくれる。僕の役割は役者として観る人に説得力のある全く違う顔を見せることで、それができるのは脚本があればこそなんだ。素晴らしい脚本は僕を夢中にさせてくれる、役者にとって最高の協力者でもあるんだよ。

Q:本ドラマシリーズは圧倒的な映像美も見どころですね。その多くはポストプロダクションでのビジュアル効果だと思います。そこで、実際にパペットを相手に演じたりすることも多い撮影はどんな様子でしたか?そこからCG処理の済んだ完成映像をご覧になった感想もお聞かせください。

AS:素晴らしいよ。制作チームは桁外れな才能にあふれているね。正直に言えば、グリーンスクリーンの中で演じるのがとても難しい時もあるよ。だから監督を信頼しているところが多いね。リン(・マヌエル=ミランダ)との共演シーンがほとんどだから、彼と一緒にこの見事な架空の世界を創作するのが僕の仕事なんだけれど、つまりそれは子供が自分の部屋で想像上の宇宙の中にいるのと同じように、できるだけ空想の羽を広げることなんだ。とはいえ、役者が去った後の彼らの仕事は驚くほど驚異的な素晴らしさだよ。まだ一部しか観られていないけれど、それだけでもすごいと思った。僕らは贅沢だよね。

Q:ドラマの中の息子であるウィル役のアミール・ウィルソンとの共演もありましたね。アミールとの共演についてお聞かせください。

AS:アミールは本当に素晴らしい若手俳優だよ。とてもオープンでいい子だ。彼の家族にも会ったけれど、やっぱりとてもいい人たちだったよ。この仕事に対する責任感もあるし、優れた才能に驚いたね。若い役者たちの姿を見て彼らの成長やこの業界のことで気づくこともあるから、彼が今回、良い時間を過ごせていたら嬉しいね。過ごせていたと思うけどね。素晴らしいシーンで共演することもできたし、みんな彼の演技力にきっと驚くと思うよ。

Q:あなた自身も子供の頃から演技を始めましたね。10代後半でダブリンのアビーシアターの舞台に立っていました。アビーシアター当時の経験はどれほど重要でしたか?

AS:素晴らしい経験だったね。僕はどちらかというとシャイで繊細な子供だった。今でも少しシャイだけれどね。それが役者になってひとりの子供としてドラマのレッスンを受けることで自分に自信を持つことができるようになったし、演じることが当たり前のことになっていった。そしてアビーの舞台に立つようになり、17歳。18歳、19歳で映画を作るようになっていたんだ。当時は舞台と映画の違いもよくわかっていなかったよ。役者としてちゃんとした訓練を受けてこなかったこともとてもありがたいと感じている。もちろん、そのせいで色々と経験し損なったことがあるだろうけれど、演技と空想遊びを過度に切り離して考えずにいられるし、自分の想像力を最大限に生かすことができている気がするんだ。時々、演じることを難しく考え過ぎだと感じることがあるんだ。もちろん、役者という仕事は尊敬に値するし、多くのスキルを要する難しい職業だと思ってはいるよ。でも多くのスタッフに囲まれながら撮影する時に自分が目指しているのは子供時代の空想力にエンジンをかけることなんだよ。グリーンスクリーンの中で演じる時には、自分の空想力を発揮しなくちゃいけない。単に演じるだけだからこそ共演者に大きな信頼を置いているんだ。だってそのほうが一人でやるよりもずっと楽しいからね。

Q:文字通り、本作ではあなたもご自身の空想力を駆使して別の世界を創り出していますね。まさに空想力が欠かせない作品になりました。

AS:そう、まさにこの作品は空想力の賜物なんだよ。特にこのシリーズのような作品をはじめとした映像作品はそうだ。チーム全員の努力の結晶なんだ。各部門の一流スタッフがいなければこれほどの作品は作れないし、みんなの大きな情熱が注ぎ込まれていることも嬉しいね。すべてはフィリップ・プルマンひとりのアイデアからはじまった。ひとりの男のヴィジョンからはじまり、やがてそれが何百何千という人たちのコラボレーションとなり、何百億人の人たちが楽しめる素晴らしい作品が完成したんだよ。たったひとつの核が驚くべきものへと成長するなんて本当にすごいことだよね。

Q:これまでに演じてきた役柄に影響を受けたことはありますか?

AS:かなりいい質問だね。そうだね、役者という仕事の素晴らしい点のひとつは、おそらくまだ自分の中に眠っている新しい面を開拓できることだね。演技を追求するほど自分の探求になっていくんだ。そして知らなかった自分の新たな一面を見つけ出すんだよ。それによって自分が変わるというよりも、新たな面を表に出したことによって、もっとそんな自分を楽に受け入れられるようになるんじゃないかな。これが役者という仕事の凄さだと思うよ。探求を続けることでさらに良い人間になれる。だってそれは自分以外の人の気持ちを想像しようとする共感力にもつながるからだ。役者として経験したのと似ている人物と出会ったとき、相手への共感を深めることができるんだよ。だからこれまで演じてきたキャラクターの経験を経て、自分が少しは良い人間になっているといいね(笑)。さぁ、どうかな。その答えは他の人にお任せするよ。

(C)2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

企業プレスリリース詳細へ
(2021/01/26-16:16)

もっと見せる

関連記事

Close
Close