ニュース

日本初のバリアフリー型動画配信プラットフォーム「THEATRE for ALL」作品募集締切間近 | .

パフォーミングアーツ、映画、メディア芸術を対象に、視覚・聴覚情報・言語を中心としたバリアフリー対応を施した日本初の芸術鑑賞プラットフォーム「THEATRE for ALL」計画が始動、現在、動画配信コンテンツを募集中だ。

「THEATRE for ALL」は、文化庁による文化芸術収益力強化事業として、新型コロナウイルスで外出困難となった人たち、障がいや疾患、育児や介護などを理由に劇場や展示鑑賞が困難な人たちに対しても、誰もが好きなときに好きな場所から芸術に親しめる、オンライン上のアートセンターの実現を目指していく。

特に視覚障がい・聴覚障がい・知的障がい・発達障がい・子ども・母語が日本語以外の人を対象とした<バリアフリー>、作品に対する解説や作品の理解を深めるための双方向型のレクチャー/ワークショップなどを行う<eラーニング>プログラムの開発に力を入れていく。

「THEATRE for ALL」
現在、バリアフリー対応やeラーニングの実施に取り組み、バリアフリー型の動画配信プラットフォーム「THEATRE for ALL」(仮称)で公開する映像・作品・番組を公募中。

例えば、親しみやすく話題性の高い作品、オリジナリティがある作品、後世に伝え残す意義の高い作品、若い作家の意欲作や切実な挑戦を行う作品、世界各地のアーティストによる新しいアプローチに触れられる作品やドキュメンタリー番組などを募集している。

「THEATRE for ALL」
公募スケジュールは以下の通り。募集締切はジャンルにより異なり、早いもので11月4日(水)が締切日となっている。

「THEATRE for ALL」公募スケジュール

広告の後にも続きます

公募1:名作・名画・名舞台などの映像
第1次募集:10月22日(木)~11月4日(水)
第2次募集:11月5日(木)~11月20日(金)

公募2:演出や創作プロセスにおいて、インクルーシブな視点を持って新たに制作・上演する作品の企画
10月22日(木)~11月4日(水)

公募3:アーティストや作品の製作風景、国内外の劇場やフェスティバルの取組などを追うドキュメンタリー番組の企画
10月22日(木)~11月4日(水)

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close