ニュース

佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也が揃う唯一のシーン!?『サイレント・トーキョー』撮影現場に潜入!|最新の映画ニュース・映画館情報ならMOVIE WALKER PRESS

連続爆破テロ事件を描く『サイレント・トーキョー』現場取材へ潜入![c]2020 Silent Tokyo Film Partners

「アンフェア」シリーズの秦建日子によるクライムサスペンス小説「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」を、「SP」シリーズなどの波多野貴文監督が、事件の容疑者、朝比奈仁役に佐藤浩市、爆破テロに巻き込まれた主婦、山口アイコ役に石田ゆり子、事件を追う刑事、世田志乃夫役に西島秀俊などオールスターキャストを迎え映画化した『サイレント・トーキョー』が、12月4日(金)に公開される。MOVIE WALKER PRESSは、クリスマス・イブの東京を襲う、連続爆破テロ事件を描く本作と季節を同じくする2019年12月上旬、都内の撮影現場に潜入した。

「ゆり子さんは大好きな女優さん」(佐藤)、「とても尊敬している先輩」(石田)

緊迫のシーンが多い現場ながら、現場のムード作りにも余念がなかった佐藤緊迫のシーンが多い現場ながら、現場のムード作りにも余念がなかった佐藤[c]2020 Silent Tokyo Film Partners

取材当日、光り輝く東京タワーを臨める高級レストランにやってきた記者らが入り口付近で待っていると、佐藤浩市が姿を現した。この日、店自体は貸し切りにしていたものの、商業施設内のレストランのため、すぐ外には一般客の姿もちらほらとあったのだが、顔を隠すでもなく、のんびりと店の外の散策を始める佐藤。本作で佐藤は主演ながら、連続爆破テロ事件の容疑者という、超ミステリアスな存在だ。現場での佐藤はまるで役柄を体現するように、ミステリアスな雰囲気をまとっていた。

この日撮影されていたのは、佐藤、石田、西島、不可解な行動を取るIT起業家、須永基樹役の中村倫也たち、本作の主要キャストが一堂に会する重要な場面。捜査線上に容疑者としてあがった朝比奈を、世田ら警察が追い詰めるシーンだ。記者が現場に入った時に撮影されたのはキャスト、スタッフの集合写真。実は、本作でこの4人が集うのはこのシーンのみという貴重な現場だったのだ。

何度も共演しているという佐藤と石田何度も共演しているという佐藤と石田[c]2020 Silent Tokyo Film Partners

そんな撮影の舞台となったレストランの大きな窓際、もっとも美しく東京タワーの全貌を見ることのできるテーブル席では、神妙な面持ちの石田に、佐藤が声をかけるシーンから撮影が始まった。
何度も共演経験のある佐藤と石田。「ゆり子さんのことは以前から知っているので、なんだかすごく懐かしさもあります。大好きな女優さんでもあるので、久々にお会いできてうれしかったです」と語る佐藤に対し、石田は「とても尊敬している先輩なので、一緒に居られるだけで幸せなんですけれど、願わくばもっとご一緒するシーンがあったらうれしかったですね」と、共演シーン自体は少なかったものの、再会はうれしかったと語る。
現場でも、役作りのためか夜景を眺めながら集中する場面の多かった石田だが、佐藤が声をかけると笑顔を見せて談笑し、2人の信頼関係が見て取れた。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close