ニュース

日本版「24」が始まる前に復習も!秋の夜長にイッキ見したい作品まとめ | .

9月の休日といえばシルバーウィーク。夏の暑さも和らぎ、涼しくなってきた秋の夜長におすすめ、いまABEMAで視聴可能なイッキ見必至のドラマやアニメ作品をピックアップ! 「M 愛すべき人がいて」マサ役が話題となった三浦翔平の主演ドラマや、日本版リメイクが決定した鉄板海外ドラマ、老若男女問わず人気のアニメ作品など魅力的なラインナップが揃っている。

三浦翔平出演!「会社は学校じゃねぇんだよ」「M 愛すべき人がいて」「L 礼香の真実」

現在「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS)に出演中の三浦翔平が主演を務める「会社は学校じゃねぇんだよ」は学生時代から起業していた渋谷のギャル男が、一度は憧れのベンチャー企業に入社するも信念の違いから決裂、自ら“21世紀を代表する会社”の立ち上げを目指していくリベンジサクセスストーリー。「サイバーエージェント」社長・藤田晋の著書が原案となっている。

また「M 愛すべき人がいて」では日本の音楽史を塗り替える伝説を作り続ける希代のプロデューサー・マサを演じ、アユ(安斉かれん)と共に過酷なデビュー争い、壮絶な嫌がらせ、そして恋路を阻む礼香(田中みな実)らとの戦い…と、ドキドキハラハラする要素満載で、放送終了後も大きな話題を呼んでいた。

「L 礼香の真実」にもマサ役で登場。礼香が小学生の頃から思いを寄せた初恋相手・正幸(通称:マサ)との思い出をふり返る中で、礼香に隠された秘密が明らかになっていく。秘書・礼香の“秘密”が初めて明かされるオリジナルスピンオフドラマだ。

日本版リメイクが始まる前に!「24 -TWENTY FOUR-」をチェック

テレビ朝日開局60周年記念連続ドラマ「24 JAPAN」アメリカの連邦機関、CTUロサンゼルス支局の捜査官ジャック・バウアーを主人公に、その同僚や家族らがテロリストと戦う、サスペンスアクショドラマ。2001年に放送開始され、1シーズン(全24話/24時間)をかけて1日の出来事をリアルタイムで描く革新的なスタイル、スピーディーかつスリリングな展開で視聴者を魅了した。

この世界的大ヒットシリーズを日本でリメイクした「24 JAPAN」が10月6日(火)よりテレビ朝日にて放送が開始される。オリジナル版のシーズン1をベースに主演・唐沢寿明が演じる日本版ジャック・バウアー=獅堂現馬が、仲間由紀恵演じる日本初の女性総理候補・朝倉麗の暗殺計画を阻止するという極秘任務に挑む…。

最終話から繋がる物語が劇場版で登場「鬼滅の刃」

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable「鬼滅の刃」はシリーズ累計発行部数4,000万部を突破した人気漫画。昨年待望のTVアニメ化を果たすと、人と鬼との切ない物語に躍動感あふれる映像で描かれる鬼気迫る剣戟、時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、アニメ放映終了後も日本中だけにとどまらず、世界各地から熱い視線が注がれている。

昨年TVアニメ最終話「新たなる任務」が放送され、“竈門炭治郎 立志編”の物語が幕を閉じ、主人公・竈門炭治郎とその仲間たちが映画の舞台となる“無限列車”に乗り込むシーンで終了。その最終話から繋がる物語が10月16日(金)より『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』として公開される。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close