ニュース

映画に対する期待値が向上!ムビチケ前売券(オンライン)の販売枚数が前年同月比約130%に|最新の映画ニュース・映画館情報ならMOVIE WALKER PRESS

コロナ禍でも、映画鑑賞に対する意欲が表れた結果に

ネットで座席指定ができ、通常料金より最大500円もオトクな映画前売券として、映画ファンにおなじみとなった「ムビチケ」。今年はコロナ禍で世界中の映画産業が大きな影響を受けたものの、2020年8月度のムビチケ前売券(オンライン)の販売枚数が、前年同月比129%となる8万3759枚を記録した。

「ムビチケ」は、2011年にサービスを開始し、現在はシネコンを100%カバーするまでとなっている。特に、ムビチケ前売券(オンライン)は2018年6月にポイントサービス、10月にソーシャルログイン機能も導入しユーザーへの利便性が高まったことで、さらに好調に売り上げを伸ばしてきた。

2019年の年間興行収入は過去最高となる2611億円を記録したものの、今年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国で発令された緊急事態宣言の影響を受けて、5月の興行収入は前年同月比98.9%減の約1億9600万円に。緊急事態宣言解除後、興行各社による徹底した感染予防対策によって、徐々に映画館に映画ファンが戻ってくるようになり、公開延期となった作品の公開も続々と決定。現在も感染予防のために座席数を減らしての上映が続いているなか、夏の映画興行も邦画を中心に盛り上がりを見せた。

ムビチケを運営する株式会社ムービーウォーカーでは、2019年4月にはムビチケを購入できる映画アプリ「MOVIE WALKER」、7月にはポイントを使って購入できる「ムビチケ当日券&映画GIFT」をリリース、今年6月に新しい会員サービス「MOVIE WALKER会員」を立ち上げ、ムビチケの活用の場を広げている。

映画アプリ「MOVIE WALKER」にて毎月実施しているアンケートでは、「コロナに負けずに、予防しながら映画館通います!」「観たい作品が上映されれば必ず観に伺いますので、各業種一体になって頑張ってほしい」といったように、映画館での鑑賞に対して意欲的な意見が多く集まっている。

文/編集部

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close