ニュース

【今週の☆☆☆】実話ベースの衝撃作 『オフィシャル・シークレット』、逃避行する男女を描く『ソワレ』…週末観るならこの映画!|最新の映画ニュース・映画館情報ならMOVIE WALKER PRESS

週末に観てほしい映像作品3本を、MOVIE WALKER PRESSに携わる映画ライター陣が(独断と偏見で)紹介します!

MOVIE WALKER PRESSスタッフが、週末に観てほしい映像作品3本を(独断と偏見で)紹介する連載企画。今回は今週末の公開作品をピックアップ。国家権力に立ち向かう女性諜報員が主人公のサスペンスや、村上虹郎&芋生悠が共演のドラマ、メル・ギブソンが悪徳刑事を演じるアクションなど見ごたえたっぷりの3本!

勇気ある告発をした女性の正義に胸が熱くなる…『オフィシャル・シークレット』(公開中)

キーラ・ナイトレイが信念のために闘った女性を熱演(『オフィシャル・シークレット』)キーラ・ナイトレイが信念のために闘った女性を熱演(『オフィシャル・シークレット』)[c]Photo by: Nick Wall[c] Official Secrets Holdings, LLC

2001年の米同時多発テロの報復として“大量破壊兵器”を喧伝し、イラク戦争を仕掛けようとした、まさに前夜の物語。2003年、イギリスの諜報機関に勤めるキャサリンが、米NSAからイラク攻撃をするため違法工作を促すメールを受け取る。その内容に憤った彼女は、マスコミにリークするが―。
驚くべき実話がベース。オブザーバー紙の告白記事も空しく、その後の展開は歴史が示す通りだが、世界中が遅ればせながら抱いた“悔恨”をもってしても、果たして“自分ならできるか?”と自問せずにいられない。なにしろ“裏切り者”と突き上げられ、国家を敵に回すのだから。正義を通すとは、いかに困難なことだろう。だが、だからこそキャサリンの「私は政府に仕えていない、国民に仕えている」というセリフに痺れる!国民を裏切って(嘘をついて)違法な戦争が行われた。その重大さを忘れてはいけない。熱くならずにいられない、渾身作だ。主演のキーラ・ナイトレイ、弁護士役レイフ・ファインズの抑えた熱演も必見。(映画ライター・折田千鶴子)

日本映画界に一石を投じる一作!…『ソワレ』(公開中)

【写真を見る】ある事件をきっかけに、翔太とタカラは逃避行をはじめる(『ソワレ』)【写真を見る】ある事件をきっかけに、翔太とタカラは逃避行をはじめる(『ソワレ』)[c]2020ソワレフィルムパートナーズ

俳優の豊原功補と小泉今日子らが立ち上げた映画制作会社「新世界」。その第1回プロデュース作品となる本作は、人気コミックやベストセラー小説の映画化が主流になった日本映画界の現状に異を唱えるような仕上がりになっている。短編の『此の岸のこと』(10)、長編デビュー作『燦燦-さんさん-』(13)で注目された外山文治監督が自らのオリジナル脚本を映画化。役者になる夢を持ちながらも満たされず、オレオレ詐欺の片棒を担いで日銭を稼いでいた青年の翔太が、生まれ故郷の和歌山の田舎町で出会った高齢者施設で働く女性タカラと一緒に逃避行する姿を描いたものだ。展開にはそれほど新鮮さはない。だが、高齢者施設で実際に生活している現地の人たちをエキストラで起用したり、1カットのなかで時間を超越したり、生々しい描写が一瞬にして美しい幻想的なシーンに変わったりするその自由な表現が、映画が本来持っている豊かさと可能性を教えてくれる。なかでも、翔太を演じた村上虹郎とタカラに扮した新星、芋生悠が奏でるソワレ(夜会)のシーンでは目がスクリーンに釘づけに。若い演者たちの微細な表情の変化と芝居が起こす、みずみずしくも切ない化学反応を映画館の暗闇でじっくり体感して欲しい。(映画ライター・イソガイマサト)

老いてなお荒ぶるメル・ギブソンの魅力が満載…『ブルータル・ジャスティス』(公開中)

メルギブの相棒役に、『ハクソー・リッジ』のヴィンス・ボーン(『ブルータル・ジャスティス』)メルギブの相棒役に、『ハクソー・リッジ』のヴィンス・ボーン(『ブルータル・ジャスティス』)COPYRIGHT [c] 2018 DAC FILM, LLC. All RIGHTS RESERVED

60代半ばになったいまでも、精力的に主演作を発表しているメル・ギブソン。今作で彼が演じるのは、裏の仕事に手を出し追い込まれていくベテラン刑事。俳優、監督として輝かしいキャリアを持ちながら、差別的言動やDVなどトラブルが絶えないギブソン本人とも重なる役だ。容疑者への過剰な対応で、謹慎処分になったブレットと相棒トニー。金に困った彼らは、犯罪者から金を奪おうと画策するが…。本作で多くの時間を占めているのが、強盗計画を知ったふたりが犯行を監視しながら犯人たちを追う姿。犯人の残虐非道な行いに、金と正義の間で苦悩する胸の内がにじみ出る。派手なアクションは多くはないが、要所要所で顔を出すバイオレンスは度肝を抜かれる凄まじさ。代表作『リーサル・ウェポン』の裏バージョンというべき、墜ちたふたりの絆のドラマも胸を打つ。老いてなお荒ぶるギブソンの魅力あふれる力作だ。(映画ライター・神武団四郎)

週末に映画を観たいけれど、どの作品を選べばいいかわからない…という人は、ぜひこのレビューを参考にお気に入りの1本を見つけてみて!

構成/トライワークス

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close