ニュース

松本まりか“お岩”のクズ男センサーに「有能すぎ」、佐津川愛美“お菊さん”も「最高」…「妖怪シェアハウス」2話 | .

小芝風花がクズ男に翻弄されるどん底気弱女子を演じるドラマ「妖怪シェアハウス」の2話が8月8日放送。今週も松本まりか演じる“お岩さん”のクズ男センサーと、佐津川愛美演じる新キャラ“お菊さん”に多くの視聴者が反応を寄せている。

本作はクズ男と出会ったばかりに会社をクビになり、借金を背負い、家も追い出され、すべてを失ったうえ、結婚まで考えたその男にはほかに女がいたという事実を突きつけられた目黒澪を小芝さんが演じ、どん底の澪が道端で倒れてしまったところを助けられ、妖怪が住むシェアハウスに住まわせてもらうことになる…という物語。

シェアハウスに暮らす妖怪役として、ナースとして人間社会で生きる“お岩さん”四谷伊和に松本まりか、オークション会社で働く酒井涼“酒呑童子”に毎熊克哉、弁護士兼経営コンサルタント“ぬらりひょん”の沼田飛世大倉孝二、シェアハウスの寮母をしている“座敷童子”和良部詩子に池谷のぶえ。

またシェアハウスの大家・荒波神社の新人神主で陰陽師の末裔でもある水岡譲に味方良介。澪が転職する編集プロダクションの原島響人に大東駿介、澪の同僚・山中美雪に内藤理沙、若手編集者の柳沙羅に宮本茉由といったキャスト。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
小さい編集プロダクションで、まずは1週間のお試しでバイトが決まった澪だが、会社に打ち合わせに来ていたスター編集者・宗像公介(蕨野友也)から声をかけられ、宗像の仕事を手伝うことに。新たな恋の予感に盛り上がる妖怪たちだが、宗像にウイスキーを飲まされた澪は意識を失ってしまう…というのが2話の展開。

澪が危機に…すると「澪が危ない!」と伊和の“クズ男センサー”が反応…「クズ男センサーってすごいもん持ってるお岩さん」「伊和さんのクズ男センサー有能すぎ」とSNSは大きく盛り上がる。しかも伊和のセンサー反応に合わせ詩子の髪飾りも回転。「クズ男センサーだけでも笑えるのに、髪飾り回るんかい(笑)」「髪飾りぐるぐるわろたww」などこちらにも視聴者から大きな反応が。

妖怪たちが調べてみると宗像はセクハラ、パワハラ男で、澪の陥ったシチュエーションが「お菊ちゃんと同じだわ」と伊和がつぶやくと、そこに「いちま~い…にま~い…さんま~い」という声が響き、井戸から現れたのは番町皿屋敷のお菊(佐津川愛美)。


アイドルのようにハイテンションなキャラで、皿を数える手際が良すぎて現代では在庫管理のエキスパートをしているお菊さんにネット上では「お菊ちゃん、在庫管理のエキスパートwwww」「在庫管理のエキスパート笑笑」「佐津川愛美のアイドル風お菊さんも最高」などの声が多数上がっている。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close