ニュース

浜辺美波&横浜流星、“幼なじみ”15年ぶりの再会カット到着「私たちはどうかしている」 | .

浜辺美波と横浜流星の共演による日本テレビ水曜ドラマ「私たちはどうかしている」。このたび、浜辺さん演じる七桜と横浜さん演じる椿が、15年ぶりに再会する第1話のシーン写真が初公開された。

講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数200万部超の原作漫画(安藤なつみ著、既刊12巻)をドラマ化。浜辺さん演じる才能にあふれる和菓子職人、花岡七桜と、横浜さん演じる創業400年の老舗和菓子屋の跡取り息子、高月椿が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも、強く惹かれ合う物語。

15年前、光月庵の跡取りである椿の証言で、若旦那を殺した罪を着せられてしまった七桜の母。七桜と椿は幼なじみで初恋の相手でありながら、”容疑者の娘”と”被害者の息子”となってしまう…。

そんな2人が15年の時を経て再会。今回のシーン写真は、椿との和菓子対決に挑むことになった七桜が、椿と再会した際にいきなり腕を掴まれる場面。本来憎むべき相手なのに、互いに惹かれ合う“どうかしている” 2人の波乱に満ちた運命が動き出す瞬間となっている。

「私たちはどうかしている」1話
なお、現在、浜辺さん演じる七桜や横浜さん演じる椿ら「キャラクター紹介動画」がYouTube日テレ公式チャンネルで配信中だ。

第1話 あらすじ

花岡七桜(浜辺美波)は和菓子作りに情熱を注ぐ若き職人。ある日、贔屓の客から結婚式の引き出物を決めるための和菓子対決を受けてほしいと頼まれた七桜は、相手が金沢の老舗和菓子屋“光月庵”だと聞き絶句。15年前、光月庵の和菓子職人だった七桜の母・百合子(中村ゆり)が若旦那・高月樹(鈴木伸之)を殺した罪を着せられたことで七桜の人生は一変。何もかもを奪われてしまったのだ。

和菓子対決を辞退する七桜だが、住み込みで働いていた店を突然解雇される。雨の中、行き場もなく途方に暮れていると見知らぬ男・多喜川(山崎育三郎)に母から預かっていたという手紙を渡され…。今は亡き母の思いを知った七桜は長い髪を切り、光月庵との和菓子対決に挑む覚悟を決める。

対決当日、七桜の前に現れたのは、15年前、百合子が殺人犯だと証言した光月庵の跡取りで幼なじみの椿(横浜流星)。冷たく自信に満ちた椿を前に怖気づく七桜だが、持ち前の“食べる人への想いを込めた和菓子”で対決に挑む…。

水曜ドラマ「私たちはどうかしている」は8月12日(水)22時より日本テレビにて放送。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close