ニュース

屈強スターの娘たちもサメにはかなわない!?映画デビューを果たす二世たちの美しき大絶叫 – MOVIE WALKER PRESS

日本と同じように、ハリウッドでも二世俳優たちが親譲りの美貌やオーラ、さらに演技の実力を発揮し、目覚ましい活躍を見せている。そんななかから、新たに2人の二世女優たちが映画デビューを果たしたのが、7月23日から公開中の『海底47m 古代マヤの死の迷宮』だ。

【写真を見る】スタローンの次女、システィーンは今年22歳。抜群スタイルの水着姿が眩しい![c]THE FYZZ FACILITY FILM 11 LTD

人食いザメの恐怖にさらされることになる姉妹の姿を描き、スマッシュヒットを記録した『海底47m』(17)のヨハネス・ロバーツ監督が引き続きメガホンを取った本作。メキシコ・ユカタン半島に暮らす再婚の連れ子同士の姉妹とその友人たち女子高生4人組が、古代マヤ文明の遺跡を巡る危険な海底洞窟ダイビングを行う。その最中に凶暴なサメに遭遇し、迷宮のごとく入り組んだ遺跡をなんとか生き延びようと奔走していく…というパニック・ホラーだ。

フレッシュなキャストが顔を揃えているフレッシュなキャストが顔を揃えている[c]THE FYZZ FACILITY FILM 11 LTD

ホラー映画と言えば、“スクリーム・クイーン”と呼ばれ、恐怖に顔を歪ませながら絶叫し、作品の怖さを盛り立てる女性たちの存在が欠かせず、本作でも4人組をフレッシュな女優たちが演じている。そしてそのうちの2人は、超有名ハリウッドスターの娘なのだ。

まず1人目が、主人公の義姉で準主役的な立ち位置のサーシャを演じているコリーヌ・フォックス。彼女はジェイミー・フォックスを父に持つ26歳。19歳でモデルとして、数々のコレクションに出演、雑誌の表紙も飾るなど活躍。2016年のゴールデン・グローブ賞では、毎年有名セレブの2世が務めることで話題のミス・ゴールデングローブ(ゴールデングローブ・アンバサダー)に選ばれるなど脚光を集めてきた。

コリーヌ・フォックスは、主人公の義姉のサーシャを演じているコリーヌ・フォックスは、主人公の義姉のサーシャを演じている[c]THE FYZZ FACILITY FILM 11 LTD

映画初出演となる本作でもオーラを放っており、イケてる女子高生ぶりを体現(普通の女子高生には見えないが…)。さらに義理の妹との上手くいっていない関係が、窮地を共にすることで次第に邂逅していく、という心の距離の動きを巧みに表現。オスカー俳優の父親を思わせる繊細な表情も見せており、娯楽ホラーとナメてかかると、なかなかグッとさせられてしまうのだ。

スタローン&J・フォックスの娘が映画デビュー!プレミアで父親と4ショットスタローン&J・フォックスの娘が映画デビュー!プレミアで父親と4ショット写真:SPLASH/アフロ

そんなサーシャの友だちのニコール役を演じているのが、シルヴェスター・スタローンの次女であるシスティーン・スタローンだ。現在22歳の彼女は、10代のころにシャネルのショーでモデルデビューを果たし、ミス・ゴールデングローブにも、コリーヌが選ばれた翌年に三姉妹で抜擢。二世セレブとして父との仲睦まじい様子も度々パパラッチされてきた。

そんな彼女、映画デビューの本作では、白のビキニを着こなす抜群のスタイルと自信に満ちあふれた佇まいでイケイケなギャルに。お調子ものだが、サメと出会った途端にパニクって絶叫しまくったりと、コリーヌとは真逆の豪快な演技を連発している。さらに、サメから逃れられるのか…?という緊迫の場面では、『クリフハンガー』(93)でのスタローンも顔負けの、指先の力だけでの崖からのぶら下がりまで披露!美味しすぎる役どころで存在感を放っているのだ。

父親顔負けの崖しがみつきシーンも披露している父親顔負けの崖しがみつきシーンも披露している[c]THE FYZZ FACILITY FILM 11 LTD

映画内で数々の敵を撃退してきた屈強な父親を持つ美女2人だが、果たして彼女たちも、恐ろしい敵に打ち勝つことができるのか?その顛末は映画館で確認して欲しい!

文/トライワークス

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close