ニュース

【今週の☆☆☆】山田孝之がシングルファザーを演じる『ステップ』、神父の児童性的虐待事件を描く『グレース・オブ・ゴッド』など、週末観るならこの映画! – MOVIE WALKER PRESS

週末に観てほしい映像作品3本を、MovieWalkerに携わる映画ライター陣が(独断と偏見で)紹介します!

MOVIE WALKER PRESSスタッフが、週末に観てほしい映像作品を(独断と偏見で)紹介する連載企画。今回は、7月17日(金)から今週末の公開作品をピックアップ。妻に先立たれた男が、娘と過ごす10年間を描くヒューマンドラマや、鬼才フランソワ・オゾンの新境地ともなった実話ベースの衝撃作など、バラエティあふれる3本がそろった!

毎日を一生懸命生きている人たちへの「応援歌」…『ステップ』(7月17日公開)

妻に先立たれた健一は、娘との“再出発”を決意する(『ステップ』)妻に先立たれた健一は、娘との“再出発”を決意する(『ステップ』)[c]2020映画『ステップ』製作委員会

「とんび」「流星ワゴン」などで知られる重松清の同名小説を映画化した本作は、結婚3年目で妻に先立たれ、1歳半の娘をひとりで育てることになったシングルファザー・健一の10年間を、子どもの成長と周りの人たちとの交流を通して描いたハートウォーミング・ムービー。仕事と子育ての両立、娘の保育園デビュー、小学校で母親の絵を描いてくる課題を出された娘のサポート、成長して娘が自分と距離を置くようになる寂しさ、健一の新しい恋…父と娘がたどるそんな数々出来事を、この映画では山田孝之が「全裸監督」とは真逆の受けの芝居でリアルに体現。娘を年齢ごとに演じ分けた3人の子役とのかけあいも微笑ましい。しかも、義理の両親(國村隼、余貴美子)や義兄(角田晃広)、昔の上司(岩松了)との距離感や優しさも丁寧に描かれ、飯塚健監督(『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』)ならではの笑いも随所に挿入されているから、ウェットになりがちな題材なのにほっこりする仕上がりに。悪い人がひとりも出てこないし、現実はもっと厳しいと言う人もいるかもしれない。けれど、これは子育てや仕事、毎日を一生懸命生きている人たちへの「応援歌」。観たら、きっと勇気をもらえるはずだ。(映画ライター・イソガイマサト)

トラウマに苦しむ男たちの勇気ある告発の行方は‥『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』(7月17日公開)

かつて性的虐待された神父を告発するアレクサンドル役にメルヴィル・プポー(『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』)かつて性的虐待された神父を告発するアレクサンドル役にメルヴィル・プポー(『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』)©2018-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-MARS FILMS–France 2 CINÉMA–PLAYTIMEPRODUCTION-SCOPE

鬼才フランソワ・オゾンの新作にして、初めて“実話の映画化”に挑んだ衝撃作。現在も係争中の「神父による児童への性的虐待事件」を真っ向から描く。
勇気ある一人の告発に端を発し、80人もの被害証言が集まった当の事件。長年、疑惑を周囲も感知しながら、そのたびに教区を変えて神父として赴任し続けた、つまり被害少年を増やし続けたという驚くべき事実に、声を失ってしまう。何より心に刺さるのは、何十年経っても虐待のトラウマに苦しみ、簡単には声を上げられない大の男たちの姿。痛みにうめきながら告白する姿に、震えずにいられない。一方、フィクションとして描くことにより、主人公に据えた3人の男たちの家族関係に漂う緊張、秘密、諍いという心理サスペンスをバランスよく仕込み、観る者の心を鷲掴みにする。正直、オゾンの新作を心待ちにする身としては、彼独特の毒や皮肉や“惑わし”が完全封印されたことに微妙に肩透かしをくう気はするが、“実話”に全身全霊で真摯に取り組んだ渾身の直球勝負に、感服、賞賛せずにいられない。(映画ライター・折田千鶴子)

63歳の主婦が、自らの人生を探す旅へ!『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』(7月17日公開)

新たな人生の扉を開くブリット=マリーを応援したくなる!(『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』)新たな人生の扉を開くブリット=マリーを応援したくなる!(『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』)[c]AB Svensk Filmindustri, All rights reserved

人生、まだまだこれから!一歩、踏み出す後押しをしてくれるスウェーデン発のヒューマンドラマ。専業主婦歴40年、63歳のブリット=マリー。無口な夫と変わりばえしない生活を送っていたが、ある日、夫の浮気が発覚。ショックを受けた彼女はスーツケース一つで、見知らぬ土地での新生活に踏み切る。世界的ベストセラーである原作を手掛けたのは日本でもヒットした『幸せなひとりぼっち』のフレドリック・バックマン。本作はまさにその女性版といえる。年齢を重ねるごとに狭くなりがちな世界。でも、意固地にならずに新しい出会いや交流を受け入れれば、自分にちょっとした変化が訪れ、自ずと豊かな未来が開けてくる。主人公を演じるのは、『スター・ウォーズ』シリーズでアナキンの母シミを演じたベルニラ・アウグスト。ブリット=マリーがこなす完璧な家事の手際や愛らしい北欧インテリアなど、隅々まで行き届いたセンスも見ていて爽快。(映画ライター・髙山亜紀)

週末に映画を観たいけれど、どの作品を選べばいいかわからない…という人は、ぜひこのレビューを参考にお気に入りの1本を見つけてみて!

構成/トライワークス

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close