ニュース

広瀬アリス「世にも奇妙な物語」初登場!「夏の特別編」放送決定 | .

タモリがストーリーテラーを務める人気シリーズ「世にも奇妙な物語」が、“’20夏の特別編”と題して今夏、放送されることが決定。放送されるうちのひとつ、広瀬アリスが主演する物語の内容が明らかになった。

1990年4月にレギュラードラマとして放送を開始し、その後は特別編という形で年に2度放送し、視聴者を奇妙な世界へと誘ってきた本シリーズだが、今回の放送で30周年という大きな節目を迎える。また、例年は「春の特別編」として放送されているが、新型コロナウイルスの影響もあり、今回「夏の特別編」として放送することに。

そんな「‘20夏の特別編」では4つのエピソードが登場。そのひとつが、『L -エル-』『氷菓』「探偵が早すぎる」などに出演する広瀬さん主演の「世にも奇妙な物語」らしいホラーサスペンス「しみ」というエピソード。

物語の舞台となるクリーニング店の一人娘である三浦あずさを演じる広瀬さん。ある日、ふらっと店を訪ねてきた黒ずくめの謎の女(関めぐみ)にシャツについたチョコレートのしみをとって欲しいと依頼される。しかし、しみはなかなか落ちないどころか、しみが人間の顔の形のように見え始め、あずさの父(宮川一朗太)が突如、死亡してしまう。

そのときの様子から、両親が何か隠し事をしているのではないかと感じたあずさが母(山口香緒里)を問い詰めると、なんと父が過去に友人を助けるために殺人を犯し、隠蔽していたことが発覚。そして、あずさ自身もかつてその事件に関わっていたことを知るようになる――。

ホラーだけでなく、サスペンスの要素も含まれた本作。最後まで何が起こるか全く予想できない、目が離せない展開となっている。

今回「世にも奇妙な物語」初出演となった広瀬さんは「10代の頃から観ていたのでとてもうれしかったです。少し現実離れしたお話が多く、その中でも色々なジャンルがあるので、どのテイストのお話をやるんだろうと楽しみにしていました」と出演を喜ぶ。

また、脚本を読み「撮影が楽しみでしかたなかった」と語る広瀬さんは、「思いきり演じた方が緩急があって良いなと思い、たくさん大声を出しました(笑)。最後の最後でしっかりオチているのが、私はたまらなく好きなので、しっかり盛り上がるようにお芝居しました」と撮影をふり返り、「たくさんの方から愛されてきた『世にも奇妙な物語』、私自身、最近コメディータッチのものが多かったので、シリアスな新たな一面を見て頂けると思います。是非、夏にゾワゾワしてください」と呼びかけている。

なお、「しみ」の撮影は緊急事態宣言発令前の都内で、コロナウイルス感染拡大防止対策を講じた上で行われたという。

土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 ’20夏の特別編」は今夏、フジテレビにて放送予定。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close