ニュース

呪いの”元凶”が「呪怨:呪いの家」がNetflixで7月3日から全世界独占配信決定 – 映画 .

Jホラーの金字塔「呪怨」シリーズ最新作で、シリーズ初のドラマ化となるNetflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」が7月3日(金)からNetflixで全世界独占配信されることが決定。これに先立ち、戦慄の予告映像と場面写真が公開された。

Netflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」が全世界独占配信決定

2000年にオリジナルビデオが発表されるや、あまりの怖さで話題となった「呪怨」。このたび、日本発Netflixオリジナルシリーズ初となるホラー作品として「呪怨:呪いの家」が登場。これまでのシリーズは呪われた家で起きた恐怖を描くフィクションだったが、本作では初めて、その「呪い」の基となっている実際にあった出来事に焦点を当て、呪いの家に関わる人々すべてに連鎖する恐怖を生々しく浮かび上がらせている。

【写真を見る】荒川良々と黒島結菜がシリーズ最高の恐怖へ誘う

【写真を見る】荒川良々と黒島結菜がシリーズ最高の恐怖へ誘う

解禁された予告映像では、オープニングから今回の鍵を握る「呪いの家」と、白いワンピースを着た女のような影が姿を現し、戦慄の物語の始まりを告げる。すべての元凶である呪いの家に端を発し、頻発していく数々の怪奇現象。心霊研究家の小田島(荒川良々)と、夜中に部屋で響く不可解な足音に悩まされているタレントの本庄はるか(黒島結菜)をはじめ、まったく接点のなかった人々が呪いの家にとりつかれたように引き寄せられていく。

不穏な雰囲気が漂う家の中で、小田島やはるかが見たものとは…。また、場面写真では、呪いの家の秘密に近づいていく小田島の姿や、絶望的な恐怖に襲われているはるかの姿も確認できる。

「呪怨」シリーズを牽引してきた一瀬隆重プロデューサーの下、初期の「リング」シリーズを手がけた高橋洋が一瀬隆重と共同で脚本を担当。日本ホラー界が誇る2人が強力なタッグを組み、これまでの「呪怨」の流れをくみつつ、恐怖を新たな段階へ引き上げる。Jホラーのパイオニアたちからの要望に応え、メガホンをとるのは「きみの鳥はうたえる」(18)の三宅唱監督。自身初のホラー作品となる本作で、人間の恐ろしさを浮き彫りにする壮絶なドラマを紡ぎ出す。

これまでのシリーズの雰囲気はそのままに、新たな展開と恐怖が観る者を待ち受ける本作。ホラー映画シーズンとなる夏の配信を期待して待ちたい。

文/編集部

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close