ニュース

今秋開催予定の第33回東京国際映画祭、作品エントリーを開始「映画祭の門戸を開いたままに」 – 映画 .

新型コロナウイルスの影響で世界の映画祭が延期や中止に追い込まれるなか、毎年秋に開催され、今年で33回目となる東京国際映画祭が、本日より作品エントリーを開始した。

第33回東京国際映画の作品エントリーが開始 | [c]2019 TIFF

本映画祭は、現段階で10月31日(土)から11月9日(月)の日程で行われる予定だが、事務局は、今後も国内外の感染拡大状況を注視し、開催の可否を含め様々な可能性を検証するとしながらも、「またいつか映画館に明かりが灯り、そこで世界中の映画を楽しめる日が来ることを信じて、映画祭の門戸を開いたままにしておこうと思います」と作品募集に踏み切った経緯を述べている。

【写真を見る】第32回東京国際映画祭の審査委員長はチャン・ツィイーが務めた

【写真を見る】第32回東京国際映画祭の審査委員長はチャン・ツィイーが務めた | [c]2019 TIFF

応募対象となるのは、東京国際映画祭のメイン部門で最高賞の「東京グランプリ」を目指し、世界の作品と競う「コンペティション」部門、長編映画3本目までのアジア新鋭監督の作品をいち早く上映する、アジアの若手コンペティション「アジアの未来」部門、海外への飛躍を強く意識した日本映画を紹介する「日本映画スプラッシュ」部門などだ。

国内外の名作が上映され、海外スターたちも東京に集結する貴重な本映画祭。事態が収束し、無事開催されることを願ってやまない。

文/編集部

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Close
Close