ニュース

広瀬アリス、“教師役”で佐藤二朗主演「浦安鉄筋家族」に登場 | .

現在放送中の佐藤二朗主演ドラマ「浦安鉄筋家族」に出演する新たなパワフルすぎるキャストが決定。原作ファンの広瀬アリスをはじめ、MEGUMI、バッファロー吾郎A、シュウペイ(ぺこぱ)が参加する。

「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)にて25年以上にわたり連載中のギャグ漫画シリーズ「浦安鉄筋家族」を、佐藤さんが主人公の大沢木大鉄、水野美紀、岸井ゆきの、本多力らが家族を演じドラマ化した本作。

「探偵が早すぎる」や舞台「愛と哀しみのシャーロック・ホームズ」などコメディ作品で次世代のコメディエンヌとしても活躍が期待される広瀬さんが演じるのは、小鉄のクラスの副担任であり、担任・春巻の奇行に呆れ気味だが容赦のないツッコミを炸裂させる、真面目で優秀な長崎屋奈々子。

「撮影をしてみて、最高の現場だなと思いました」と参加した感想を明かした広瀬さんは、「原作は小学生の時に読んでいたのですが、その時漫画自体に衝撃を受けて…だからニュースになった時に『あれ?出たいんだけど、聞いてないな話』って(笑)」とコメント。

また「今回は思った以上に、ちょっと大きくやっちゃっいました(笑)何度もお世話になっている瑠東監督からも撮影前に『大人しめになると浮いてしまうかもしれないので』と言われたので、緩急を意識しつつ。いつか最終話あたりでちょろっとでいいので、どこかの後ろで春巻先生をめちゃくちゃ説教しているシーンがあったらいいなと思います(笑)あの先生は原作にも出てくる最高のキャラクターなんですけど…実際に演じる大東さんを見ていたら、本当に言い方悪いですけど、言葉選ばずに言うなら…腹が立ちます(笑)」と話している。

また、MEGUMIさんが演じるのは、大沢木家の隣に引っ越してきた関西人一家・西川家のドケチ主婦であり、小鉄の同級生・西川のり子の母。「私テレビで、このセリフ言っちゃうんだ…と若干凹みましたが、皆様にただただ笑って頂けたら幸せです」と演じた感想を語り、「佐藤二朗先輩は素晴らしいです。この番組を見てる時は日常から離れて、底抜けに笑って頂けたら嬉しいです!」と呼びかけている。


さらに、初代「キングオブコント」王者のバッファロー吾郎Aさんが、大鉄と同じタクシードライバーであり商売敵、西川のり子の父役。ドラマ初出演のシュウペイさんが、順子(水野美紀)とのり子母のケンカに巻き込まれ、なぜか絡まれてしまうスーパーの店員役を演じる。


バッファロー吾郎Aさんは「こんなおいしい役をいただいて申し訳ないです(笑)佐藤二朗さんは、常に周りに気を配ってらっしゃる紳士で素敵な方でした。佐藤さんのおかげでだいぶリラックス出来ました」とふり返り、シュウペイさんも「出演が決まった時は早く友達に話したいぐらい嬉しかったです!バラエティじゃなくてドラマの現場自体初めてだし、女優さんと共演もほぼ無い中で、近くで女優さんの演技の凄さに毎テイク魅了されました!」と興奮気味に語っている。


ドラマ24「浦安鉄筋家族」は毎週金曜日深夜0時12分~テレビ東京系にて放送中。ひかりTV、Paraviにて配信。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Close
Close