ニュース

和佳と「さんし船団丸」最大の危機に「あと一話で足りる気がしない」の声…「ファーストペンギン!」9話 | .

奈緒は主演する「ファーストペンギン!」の9話が11月30日放送。和佳が頼った相手の“真の意図”が判明…視聴者からは「最後の最後にそんなマジでやばい話だなんて…」「あと一話で足りる気がしない」などの声が上がっている。

多くの敵が潜む海に最初に飛び込む勇気ある1羽のペンギンである“ファーストペンギン”のように、縁もゆかりもない“漁業の世界”に飛び込んだシングルマザーの実話を森下佳子がオリジナル脚本でドラマ化した本作。

キャストは「さんし船団丸」の危機を救った岩崎和佳に奈緒さん。波佐間に嫉妬して琴平のもとに戻ってしまった片岡洋に堤真一。「さんし船団丸」の漁師・山中篤に梶原善。同じく「さんし船団丸」漁師・磯田高志に吹越満。片岡の義理の息子・琴平祐介に渡辺大知。漁師を辞めたはずが戻ってきた永沢一希に鈴木伸之。「さんし船団丸」の事務をする和佳のママ友・山藤そよに志田未来。汐ヶ崎漁港の仲買人・重森梨花にファーストサマーウイカ。

和佳を手助けしてきた農林水産省の溝口静に松本若菜。和佳と対立してきた汐ヶ崎漁業協同組合の組合長・杉浦久光に梅沢富美男といった顔ぶれ。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

永沢が戻って来たことに、和佳とさんし船団丸の漁師たちは大喜び。一方、波佐間の姿を見た片岡は「もうワシの居場所はあそこにはない」と、琴平とパートナー・楽(大貫勇輔)の暮らすマンションに居座っていた。片岡がいないため漁師たちはその穴を埋めようと大忙しに。そこに現れた波佐間は漁を手伝うと言い手際よく漁をサポート。パーフェクトに仕事をこなし片岡の代わりを務め、皆の信頼を得ていく。

そして波佐間は和佳に「浜の船団を一つの会社にまとめませんか?」と大胆な提案を持ちかける。片岡不在のまま波佐間と手を結んだ和佳は、浜尻公平(高杉亘)ら他の船団の漁師たちも説得しながら“浜の一企業化”実現に向けて動き出すが…というのが今回のストーリー。

白峰アイナ(足立梨花)との間にできたと思っていた子どもは、実は違う男性との子だった…永沢の衝撃的な告白に「永沢君、踏んだり蹴ったり」「永沢くん可哀想極めてる」「戻ってきてくれて嬉しかった」などの声が上がる。

一方、杉浦すら論破し“漁協はなくてもやっていける”と言い切る波佐間に、違和感を感じ始める和佳。スピード感をもって汐ヶ崎の船団をさんし船団丸の下にまとめようとする波佐間に「なんか乗っ取られるような気がする」「おさかなボックスのノウハウパクられそう…」など、不安を感じる視聴者も。同様の危惧を抱いていた溝口たちは、波佐間がさんし船団丸に紹介した神饌オーガニクスを調査し、外国資本に汐ヶ崎が乗っ取られる危険性を指摘するが、時すでに遅く…。

「最後の最後にそんなマジでやばい話だなんて…」「外国資本の参入のリスクぶっこんできた」「あと一話で足りる気がしない」など、“新たな敵”の出現に視聴者からも様々な声が寄せられている。

【最終回あらすじ】
和佳は浜全体を外国資本に売り渡してしまったと片岡に話す。話をなかったことにするには浜の全船団が、神饌オーガニクスとの契約を破棄しなければならない。他の船団の面々も契約を白紙に戻すよう説得のために動き出す片岡。和佳も杉浦に“ある協力”を依頼する。一方、波佐間は浜尻公平(高杉亘)たちを丸め込み、さんし以外の船団で“浜の一企業化”を進めようと画策…。

「ファーストペンギン!」は毎週水曜22時~日本テレビ系にて放送中。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close