ニュース

井上真央、“幽霊”佐藤健&“刑事”松山ケンイチと共演! ファンタジーラブ「100万回 言えばよかった」 | .

井上真央が主演を務める新ドラマ「100万回 言えばよかった」が来年1月期に放送決定。佐藤健と松山ケンイチが共演し、実力派俳優3人が連続ドラマ初共演で切なくて温かいファンタジーラブストーリーに挑む。

大人になってから偶然再会し、改めてお互いを運命の相手だと確信した幼なじみの悠依と直木。しかし、プロポーズの直前、不可解な事件に巻き込まれ突然、直木は姿を消し、自分が死んだとわからないまま魂となって現世をさまよい続けていた。そこへ、唯一直木の存在を認識できる刑事の魚住譲が現れる…。

愛する人を突然失ってしまった悠依、魂だけになってもそんな悠依をそばで見守る直木、そして死の真相を追う刑事でありながら、直木の唯一の媒介者として悠依に関わっていく譲が、“当たり前のことは、決して当たり前ではない”というメッセージを伝えると共に、“その当たり前がどんなに愛おしくかけがえのないものか”を改めて訴えかける、脚本家・安達奈緒子が描くオリジナルストーリー。

そんな数奇な運命に翻弄されながらも、奇跡を起こそうとする3人を演じるのは、意外にも今回がそれぞれ連続ドラマ初共演となる井上さん、佐藤さん、松山さん。

「花より男子2(リターンズ)」以来、TBS連続ドラマで主演を務めるのは実に16年ぶりとなる井上さん演じる主人公・相馬悠依は、有名美容室の系列店で店長を任されている。直木とは別々の道を歩み音信不通だったが、直木が営む料理店で偶然再会することに。

そして、“思い残し”があるために現世をさまよう幽霊となった鳥野直木を演じるのは、「恋はつづくよどこまでも」以来3年ぶりの出演となる佐藤さん。憎まれ口をききながらも、悠依を真摯に想い続ける恋人の直木は、料理人の道を目指し、小さな店をオープンさせ、そこで悠依と偶然の再会を果たす。しかし事件に巻き込まれ、死んだときの記憶が無いまま魂となって現世をさまようことに。

さらに、唯一直木と意思の疎通ができる刑事・魚住譲役は、主演映画『ロストケア』が来年に公開を控える松山さん。警視庁捜査一課への配属を夢見る譲の実家は、千年続く寺であり、霊媒体質の家系に生まれた。しかし、幼少期からその才能は一切なかったが、直木の姿が見えるという役柄だ。

以下、キャストコメント。

井上真央

生きること、死ぬこと、愛することや人を想うこと…いろいろなテーマが詰まったドラマだと思います。 佐藤さん、松山さんとの3人での共演は初めてですが、掛け合いのシーンもおもしろく大切な人を想えるような作品です。オリジナルドラマなので、どのような展開になっていくのか、私自身も楽しみながら演じたいと思います。
悠依にとって、大切な存在である直木が突然目の前から姿を消してしまいますが、直木を一途に思う姿や信じようとする姿はとてもピュアです。
素敵な作品にしますので、ぜひご覧ください。

佐藤健

大切な人に想いを伝えられないもどかしさや切なさ、それでも懸命に想いを伝えようとする登場人物たちに胸を打たれました。
人から見えない、触れない、人に声を届けられないという特殊な役柄ですが、皆様とこの世界観を形にしていくことが今からとても楽しみですし、やりがいのある役を演じさせていただけることを大変光栄に思います。よろしくお願いします。

松山ケンイチ

このドラマは、突然姿を消してしまった人と残された人のそれぞれの想いが描かれています。僕は台本を読んだときにどっちの立場もいやだと感じたので、やはり今一緒にここにいる瞬間をもう少し大事にしなければいけないなと改めて思いました。
僕は悠依と直木の2人を繋ぐという少し特殊な役ですが、楽しんで演じられたらと思います。共演者のみなさんのことを知ることはすごく楽しみなので3人で親睦を深めていき、いい現場にできればいいなと思っています。
いろいろな登場人物が出てきて、いろいろな部分で感情移入ができると思います。みなさんの背中を押せるような作品にしたいと思っていますので、ぜひ楽しみにしていてください。

金曜ドラマ「100万回 言えばよかった」は2023年1月、毎週金曜日22時~TBSにて放送予定。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close