ニュース

橋本愛“トラコ”、子供たちに浴びせた言葉に「見てて辛くなる」「トラコが一番幸せになって」などの声…「家庭教師のトラコ」第8話 | .

遊川和彦が脚本を手がける「家庭教師のトラコ」の第8話が9月7日放送。家庭教師を辞めたトラコのもとに現れた守、高志、知恵。3人に辛辣な言葉を浴びせたトラコに、SNSでは「見てて辛くなる」「トラコが一番幸せになって」など賛否両論が送られている。

施設で育った主人公のトラコが、家庭教師となって3人の母親とその子供たちと接しながら“正しくお金が使われる世界”を作ろうとする本作。

ネットカフェで暮らしながら家庭教師をしていた時に福多と出会い、彼の家で暮らしている根津寅子=トラコに橋本愛。施設にいた頃、自分が里親に引き取られるようトラコの自転車に細工してケガを負わせた過去を持つ福田福多に中村蒼。

また銀行家の後妻をしている上原里美に鈴木保奈美。東大を目指す里美の息子・守には細田佳央太。新聞記者を辞めフリーになった中村真希に美村里江。その娘の知恵には加藤柚凪。定食屋を引き継いだ下山智代に板谷由夏。智代の息子・高志には阿久津慶人といったキャストも出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

8話ではトラコが真希、智代、里美に対し一方的に家庭教師を辞めると通告。理由も分からず納得がいかない母親たち3人はトラコのもとに押しかける。するとトラコは真希に旦那の小遣いを倍にすること。智代に角煮定食を1000円に値上げすること。里美に別居中の夫と離婚するよう告げる。3人はトラコの要求をのむが、トラコはさらなる条件を突きつける。それは3人合わせて10億円の授業料を払うというもので、10億を入手するための“宿題”を出す。そして3人が用意したものを使ってトラコは里美の夫だった利明(矢島健一)を脅迫し10億を入手。そのお金を施設に寄付する…というのが今回のストーリー。

一方、福多はトラコに対し彼女のやり方は間違ってる、普通の家庭教師としてやっていけばいいと説得を試みる。そんな福多にトラコは「結局あんたと私は住む世界が違う」と言って福多の部屋から出ていこうとする。福多はトラコが人の愛を信じられなくなったのは「俺のせいなんだ!」と、子供の時に、自分が里親に引き取られたいがために、トラコの自転車に細工しケガを負わせたことを告白。「お前が手に入れたかもしれない幸せを、俺は奪ったんだ」と語る福多にトラコは激昂する…。

この展開に「トラコ先生、天涯孤独みたいな感じだもんね、だから尚更裏切られた感が強い」といった反応や、「狂気じみてるトラコに怖さと罪悪感で潰されそうだったんだろう。トラコをこうしたのは自分だと」と福多が抱き続けてきた罪悪感に共感する声などがSNSに投稿される。

その後、利明から10億を入手したトラコのもとに守、高志、知恵の3人が現れる。トラコは利明から10億を入手するために子供たちを利用しただけと告げる。トラコに自分たちの想いを伝える守、高志、知恵だが、トラコは3人に対し、私を理想の教師みたいな目で見るのはやめろ、私のことなんか死んでもわかるわけないと強い口調で言い放つ。ショックを受けた3人は帰宅後、それぞれ涙を流す…という展開に。

トラコの言葉に「トラコ先生お言葉キツイっすね…大人より子供の方が正直に受け止めちゃうから、余計見てて辛くなる」「橋本愛さんが真に迫っているからこそ、そのキツさにウッとなってしまう」などといった声が上がる一方、「言い過ぎかもしれないけど自分があの境遇にいたらって思うと…」「一番苦労してきたトラコが一番幸せになってもらいたい」など、トラコに寄り添うコメントも数多く投稿されている。

【第9話あらすじ】
歩道橋から突き落とされたトラコは病院で目覚める。歩道橋から突き落とされるのを目撃した人がいるため警察が事情を聴きに来ると知ったトラコは、10億をゆすり取った利明のことが頭をよぎり、警察が来る前に病院を抜け出す。一方、見合いすることに決めた福多のもとになつぞらホームの園長から電話がかかってくる…。

「家庭教師のトラコ」は毎週水曜22:00~日本テレビ系で放送中。


¥250
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close