ニュース

劇団ひとり×浅野忠信が贈る、実話を基にした本格ヒューマンストーリー「無言館」今夜放送 | .

劇団ひとりが初めて地上波ドラマで監督・脚本を担当したドラマ「無言館」が、「24時間テレビ45」内で8月27日(土)の今夜、放送される。

本作は、戦争で亡くなった画学生の絵を集めた美術館「無言館」設立のために、全国を駆け巡ったある男を描く、実話を基にしたヒューマンストーリー。ひたむきな思いの先には、感動のラストが待ち受けている。

「無言館」の開館にむけて立ち上がる主人公・窪島誠一郎を浅野さん、彼に多大な影響を与え、絵を集めるために共に全国各地を駆け巡る、良きバディである洋画家を寺尾聰が演じる。

また、戦没画学生の遺族・恋人役で大地康雄、笹野高史、でんでん、由紀さおり、檀ふみ。窪島の友人の美術商役で皆川猿時、絵画修復家役で渡辺真起子が出演。影山拓也(IMPACTors/ジャニーズJr.)が、戦争に向かう最後の最後まで恋人の姿を描き続けた戦没画学生・日高安典、八木莉可子がそのモデルとなった恋人・雪江に扮し、フレッシュなキャストが切なく悲しい恋の物語を演じる。

劇団ひとり監督はドラマについて、「絵に向き合った画学生の想い、絵を守ろうとするご家族の想い、絵を引き継ごうとする窪島さんや野見山さんの想いは、ものすごく美しいものだと僕は思ったので、極力その思いに焦点をあてて、脚本を書いたつもりです」と語っており、それぞれの登場人物の想いを丁寧に描いた脚本も本作の見どころのひとつ。また、もう一人の主役だという“絵”についても、「魂を込めて描くので、自分の分身のようなもの。そんな絵をただの小道具にしてはいけない」と言い、扱う絵に関しては「ちゃんとしたライティングでお見せしないと失礼に当たるなと思いました」と、細部にまでこだわって撮影されている。

24時間テレビ45 スペシャルドラマ「無言館」は8月27日(土)21時頃日本テレビにて放送予定。

「24時間テレビ45」は8月27日(土)、28日(日)日本テレビにて放送。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close