ニュース

飯豊まりえ“朱梨”と浅香航大“風早”に「覚悟の決まったこのバディは絶対強い!」の声…「オクトー」8話 | .

飯豊まりえが主演する「オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~」第8話が8月25日オンエア。風早は朱梨に「徹底的に調べるぞ、15年前の全てを」と宣言、そんな2人に「覚悟の決まったこのバディは絶対強い!」などの反応が送られている。

15年前に両親が殺害され姉が廃人状態に。その事件をきっかけに人の感情が“色”で見える特殊な力を持つようになった女性刑事・心野朱梨を飯豊さんが演じる本作。

共演には前回のラストで朱梨の上司・雲川に銃を突きつけられた風早涼に浅香航大。風早が内偵を命じられている雲川幸平に山中崇。風早の父親で朱梨の両親が殺害された事件の捜査にも関わっている平安衛に船越英一郎。事件に遭ってから感情を失った朱梨の姉・紫織に松井玲奈。紫織の主治医・甲本祐希に臼田あさ美といった面々。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

8話では朱梨と風早が暴行容疑で逮捕された大学生・大和(濱田龍臣)の取調べを行うことに。被害者との示談が成立し取調べは終了、釈放されるにもかかわらず大和は納得しない。朱梨は大和の目に“怒り”を表す赤を見る。大和の父・家長(水澤紳吾)は15年前に起こった殺人事件の容疑者として指名手配され、現在も行方が分かっていなかった。朱梨と風早が家長の事件について調べると、事件が発生したのが朱梨の両親が殺された事件と同じ日だと分かる。

その後家長が死んでいたことが判明、しかも死亡したのは15年前だと言い、他殺の可能性が高かった。朱梨と風早は家長が営んでいた喫茶店の常連客だった庭木元春の妻・由香子(山田キヌヲ)に事情を聞く。庭木は3年前に亡くなっており、由香子は家長と庭木の間のトラブルについて何も知らないと答える。

実は由香子は元春からDVを受けていて、家長の事件の犯行時刻とされる時間帯に夫のDVについて彼に相談していた。さらにその直前に家長の店に来ていた客が、朱梨の両親を殺したとされる綿貫猛司(こがけん)だと判明。綿貫が朱梨の両親殺しの犯人ではないことがわかる…という展開に。

「綿貫は冤罪なの?オーマイガー!」「マジか………綿貫猛司は犯人じゃなかったんだ、やっぱり」などの反応とともに、「証言することもできず指名手配された挙句自殺報道された綿貫さんの人生なに????」と綿貫に起きた悲劇に対する反応や、彼が偽名を使っていたことから「偽名がたくさんって横領事件に関わってる可能性はないのかな」「偽名を使っていたってことは何かあるてこと?謎…」と、朱梨の両親殺しの犯人ではないにしろ、他の事件に関わってるのでは?とするコメントも。

その後風早は朱梨に彼女たちを内偵していたことを謝罪、「徹底的に調べるぞ、15年前の全てを」と力強く宣言。その言葉に朱梨も「はい」と返事をする…というラストに「ラストの屋上での2人のやり取り良かった!覚悟の決まったこのバディは絶対強い!」「最後のシーン、風早を見る心野の表情が優しすぎ」「風早さんとあかりちゃん良きバディだよね」などの声が送られている。

【第9話あらすじ】
朱梨と風早は15年前の事件について調べる。朱梨の両親、陽介と彩の殺害現場には雲川と小野寺、平安が駆け付け、平安が指揮を執る捜査本部では犯人を綿貫と断定した。当時の捜査資料を読んで辛い記憶と改めて向き合い激しく動揺する朱梨が風早は心配でならない。朱梨と風早は15年前の陽介を知ってるはずの元刑事・棚田雅彦(モロ師岡)の事情聴取を行う…。

「オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~」は毎週木曜日23:59~読売テレビ・日本テレビ系にて放送中。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close