ニュース

吉沢亮、月9初主演で小児科医役! メディカルヒューマンドラマ「PICU」秋放送 | .

10月期の月9ドラマは、吉沢亮主演のメディカル・ヒューマンドラマ「PICU 小児集中治療室」(仮)を放送。連ドラ初となる子どものICUを舞台にした、「監察医 朝顔」のスタッフが贈る医療ドラマとなっている。

PICU(=Pediatric Intensive Care Unit)は、小児専門の集中治療室。高度かつ集中した治療が必要とされる、およそ15歳以下の子どもを対象にした、いわば“子どものためのICU”。小児集中治療を専門とする医師や看護師が各専門分野の医療スタッフと連携し、搬送のタイムリミットと闘いながら、重篤な子どもの尊い命を救うために、命懸けで治療にあたっている。

ドラマは、北海道が舞台。人々を魅了してやまない美しい大地である一方、広大すぎるがゆえに搬送までに長い時間を要することも少なくない。物語は、「大規模なPICUの運営は極めて困難」と言われてきた北海道で、駆け出しの小児科医が先輩医師と共に、どんな子どもでも受け入れられるPICUを作るため、そして、1秒でも早くPICUに搬送できる医療用ジェット機の運用を可能にするために奔走する姿を描く。

大河ドラマ以来の連ドラ主演作となる吉沢さんが演じるのは、北海道で生まれ育った27歳の小児科医・志子田武四郎。女手一つで育ててくれた母・南と二人暮らしをしており、実家から通える病院であれば何科でも良いと考え、小児科医になったという経緯が。ある日、勤務先の病院に新設されたPICUに異動することになり、そこでPICU医の植野元と出会い、武四郎の小児科医人生を大きく変えていくことになる。

吉沢さんは「命とどう向き合うか。人の死から何を学ぶのか。そんなシンプルでありとても深い、普遍的なテーマになんの小細工もなく真っ正面から向き合う作品になると思います。人の命を救うのは神様でもスーパーマンでもない。救う側の人間としての未熟さ、葛藤などを丁寧に描ければ」とコメント。

月9ドラマ初出演にして初主演、自身初の医師役と、初尽くしとなる今作について「個人的に子供の頃から、“野球と言えばイチロー”、“ドラマと言えば月9”ってくらいお馴染(なじ)み感があるものだと勝手に思ってましたので、その主演をやらせて頂けるっていうのはもう。ありがとうございます。よろしくお願いします」と思いを明かしている。

完全オリジナル脚本となる本作を手掛けるのは、「アライブ がん専門医のカルテ」で第9回市川森一脚本賞を受賞した倉光泰子。演出は「監察医 朝顔」シリーズの平野眞が務める。

「PICU 小児集中治療室」(仮)は10月、毎週月曜日21時~フジテレビにて放送予定。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close