ニュース

少女たちが未来の自分と遭遇 最新SFジュブナイル「ペーパーガールズ」配信決定 | .

全米ベストセラーの青春SFグラフィックノベルを初実写化したドラマシリーズ「ペーパーガールズ」がPrime Videoで独占配信されることが決定。キーアートと場面写真が解禁された。

物語の舞台は1988年のオハイオ州クリーブランド。そこに住む4人の12歳の少女たちは、通う学校や家族構成などは違うものの、4人共通して新聞の配達をしていた。ハロウィーンの次の日の朝、いつものように早朝に新聞配達をしていると、突然タイムトラベラーたちの争いに巻き込まれ、少女たちの人生は永遠に変えられてしまう。

空にピンクに光る雷のようなものを目撃した次の瞬間、4人の少女たちは2019年に飛ばされ、未来の「大人になった自分」と遭遇する。12歳で想像していた理想の自分とはだいぶかけ離れてはいたものの、少女たちは徐々に現実の姿を受け入れていきながら、1988年に戻る方法を模索していく。

しかし、権力を独占し続けるためにタイムトラベルを禁止しているタイムトラベラーの過激派から少女たちは狙われることになり、少女たちはこの危機を打破するために、一致団結して戦わなければならない。ルーツも全く異なる4人の少女はお互いを信頼し、無事に1988年に戻ることができるのか…?

原作は「サーガ」や「Y:ザ・ラスト・マン」シリーズで知られるブライアン・K・ヴォーンが手掛けるアメリカで大ヒットしたグラフィックノベル。また、今シリーズではエグゼクティブプロデューサーも務める。

シーズン1のディレクターには「SUPERGIRL/スーパーガール」など数々のドラマシリーズを担当しているメアジー・アルマス、ミュージックビデオやドラマの監督で今後が期待されるゲオルギ・バンクス・デイビーズやイギリスでドラマ監督として活躍しているデスティニー・エカラガ、そして「LOST」や「シカゴ・ファイア」で数々のエピソードを担当したカレン・ガヴィオラなどドラマ業界で活躍するベテランから新進気鋭のクリエーターまでが集結した。

メインの4人の少女を演じるのは、ハリウッドで期待されている超若手スターたち。ゲームが大好きでトランシーバーが手放せない少女ティファニー役は、『パシフィック・リム:アップライジング』(2018)に出演のカムリン・ジョーンズ。オークランドに引っ越してきたばかりの少女エリン役に、犯罪系ドラマシリーズ「オルタード・カーボン」のライリー・ライ・ネレット。地域で初めて少女で新聞配達を始めたマック役には、コメディドラマ「ファスト・レイン」でもお馴染みのソフィア・ロジンスキー。そして「LAW&ORDER:性犯罪特捜班」などのドラマシリーズにも出演経験があるフィナ・ストラッツァは頭脳も運動神経も抜群のKJ役を演じる。

今回公開されたキーアートと場面写真では、少女4人がタイムトラベルに遭遇するまでの出来事や4人の出会い、実際に未来に行って戸惑う様子などが切り取られている。

新ヒロインの誕生を期待させる本作。夏の暑さを吹き飛ばせること間違いなしのミステリー/SFジュブナイル最新作に注目が集まる。

「ペーパーガールズ」(全8話)は7月29日(金)よりAmazon Prime Videoにて独占配信開始予定。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close