ニュース

カズタが直面する試練…東方神起「MIROTIC」披露で安堵の涙も「青春スター」#8 | .

世界を舞台に活躍するK-POPアーティストへの道のりを追う男女のオーディション番組「青春スター」の#8が、「ABEMA(アベマ)」にて放送。本選3ラウンドの4戦目に、現在TikTok投票中間順位1位のカズタら、アイドル派の4人が「東方神起」の難曲「MIROTIC」に挑戦、辛口トレーナーとして知られる元「SISTAR」のソユが「オーディションを見たなかで1番」「このレベルは初めて」と賞賛を送った。

本番組では、グローバルK-POPアーティストが誕生する瞬間をお届けするとともに、参加者たちによる完成度の高いステージパフォーマンスや、オーディション番組ならではの挫折や葛藤、そして共に苦悩を乗り越え芽生える友情や希望など、参加者たちの成長過程をリアルに描き出す。

#8からスタートした本選3ラウンドは、AからCまで振り分けられたランクのうち、上位のランクを獲得した参加者が自分の所属する派以外の参加者の中から自由に対戦相手を指名して戦う「負けたら即脱落の指名戦」。ランク下位の参加者が不利になる、本選3ラウンドの1戦目から4戦目までが放送された。

そんな中、4戦目に登場したのは、アイドル派でAランクを与えられたカズタ、ヤン・ジュニョク、ロビン、ロレンスからなるグローバルボーイズグループ。彼らは、ボーカル派の強豪カン・チャンフィとパン・ジュンウォンのチームを指名する。「手強い相手ですが戦ってみたかった。なぜなら僕も予選で1位の経験がありチャンフィさんもあるんです。勝ちたかった」と指名した理由を明かし、負けず嫌いな一面を見せた。

「デビューしてもいいチーム」「最高のメンバー」「強いぞ」と各所から認められている才能、カリスマ性、ルックス、実力を持ち合わせているアイドル派のオールラウンダーチームが披露するのは、「東方神起」の「MIROTIC」。カズタが「どれほど完璧な人たちだったのか改めて感じます、難しい曲です」と言う、難易度の高い楽曲。

本番前の中間評価では「WINNER」のカン・スンユンから「いいですね、期待以上の仕上がりになってる」「みんながよかった」と高評価を受け、さらに「何も助言がない」とプロに言わせるまでに。しかし、カズタは満足していないようで「今、不安なのは僕だけです。中間評価、僕は物足りなかった」「個人的にだけど、高音のところがよくなかった。いかに重要なパートを任されているのか痛感しました」と反省。

また、完璧を追い求め、練習量も増えたせいか疲れて体力が落ち、高音を出すために必要な喉の調子も悪くなる状況に陥ることに。さらに「ダンスの練習中に倒れることもあって…」と、脱水症状気味で病院へ向かったことも明かした。そうして体力、精神的に不安になってしまい、練習中にチームメンバーの前で「みんなに悪くて…」と涙を流すカズタ。そんなカズタに対し、ヤン・ジュニョクらチームメンバーは「そんなことないよ」「大丈夫だって、お兄ちゃんが泣くなよ」と励まし、チームで支え合う姿を見せた。

そうして迎えた本番。並々ならぬ練習量と、崩れ落ちそうな時も支えあったチーム力を引っ提げて、ヤン・ジュニョクの「いくぞ」の掛け声でパフォーマンスがスタート。彼らの色気がありつつ、迫力のあるダンス、バランスのとれた構成、ヤン・ジュニョクの会場を惹きつける声、カズタのブレのない綺麗な高音などで会場のボルテージは最高潮に。サビの部分では会場や、エンジェルミュージシャンたちから掛け声が沸き上がるなど会場が一体となって盛り上がったステージになった。

パフォーマンスが終わると、エンジェルミュージシャンたちの興奮がおさまらず「最高に上手です」「ジュニョクとカズタがいるとチームの雰囲気もいいし、パワーも表現できる」「2人が引っ張っているけどぶつからない。譲り合いながらリードしているのが分かる」「上手な2人に合わせてるうちにロレンスとロビンも成長してる」「高音の部分がなくてガッカリしてたらカズタが歌ってくれて、“これよ!”(と思いました)」などと賞賛の声が溢れることに。

さらに「PRODUCE 101」シリーズで辛口トレーナーとして知られたソユさんを、「(今まで)オーディションを見たなかで1番」「このレベルは初めて見た」と唸らせた。

その結果、「勝ったのは、アイドル派です!」とMCから結果が伝えられた瞬間、カズタは安心して気が抜けたかのようにしゃがみ込み、涙。パフォーマンス後のインタビューで、カズタは、「(勝利したのは)アイドル派と聞いた瞬間、涙があふれ出ました。すごく不安でしたし練習も大変でした。でもまた1位になれたので本当にほっとしました」と安堵の表情を見せていた。

TikTok投票中間順位(#8終了放送時点)

1位:カズタ(アイドル派)/1,501,800P
2位:チョン・ソンユン(アイドル派)/941,700P
3位:パク・ヒョン(アイドル派)/689,100P
4位:イ・ハンジュン(アイドル派)/566,100P
5位:リュ・ジヒョン(シンガーソングライター派)/547,900P
6位:ロレンス(アイドル派)/510,600P
7位:チョン・スミン(シンガーソングライター派)/486,000P
8位:ヤン・ジュニョク(アイドル派)/445,100P
9位:クマン(シンガーソングライター派)/430,000P
10位:キム・プルム(シンガーソングライター派)/426,700P

「青春スター」#9は7月14日(木)21時30分~ABEMAにて放送。

「Amazonプライムデー2022」をチェック

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close