ニュース

香川照之演じる“茂”の土下座強要に「香川さんと土下座、もうセット」の声、原作再現度も話題に…「六本木クラス」 | .

竹内涼真主演「六本木クラス」が7月7日から放送開始。主人公に“土下座強要”する茂を演じた香川照之に「香川さんと土下座、もうセット」などの声がSNS上に殺到、「本家にかなり忠実」など“原作再現度”の高さも大きな話題を呼んでいる模様だ。

2020年1月から韓国で放送され、3月からはNetflixでも配信。日本でも大ブームを巻き起こした韓国ドラマ「梨泰院クラス」を、日本に舞台を移しリメイクする日韓共同プロジェクトとなる本作。

日本最大の巨大外食産業「長屋ホールディングス」の跡取り息子によって、絶望の淵に立たされた主人公が、跡取り息子に罪を償わせ、息子のために強大な権力を駆使して事件を揉み消した長屋ホールディングス会長にも“土下座して罪を償わせる”ことを人生の目標とし、父から教えられた“信念を持って貫く”ことを胸に突き進む…という物語が展開する。

キャストは主人公の宮部新を竹内さんが演じるほか、長屋ホールディングスが資金援助する児童養護施設で育った楠木優香に新木優子。父の権威をふりかざし傍若無人にふるまう長屋ホールディングス会長・長屋茂の長男で後継者候補の長屋龍河に早乙女太一。高校3年生にしてフォロワー76万人を誇るインフルエンサーの麻宮葵に平手友梨奈。

新の父で長屋ホールディングス商品開発部部長をしていた宮部信二に光石研。日本の外食産業トップに君臨する長屋ホールディングス会長で創業者の長屋茂に香川照之といった俳優陣が出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

1話は高校生の新が優香と出会い、その後、新が優香の高校に転校してくるのだが、転校初日にクラスメイトの桐野雄大(矢本悠馬)をいじめる龍河を殴ってしまう…というストーリーが展開。

龍河が殴られたことで学校から退学を言い渡される新だが、茂は退学しなくていいから龍河に土下座して謝罪するよう告げる…。茂を演じているのが香川さんであることからSNS上では「香川照之が土下座を強要してる時点で最高におもしろい」「土下座するしないの話になるとこの人出てくる笑」「香川さんと土下座、もうセットになってます?」などの声が殺到。

その後、新の父・信二が事故で死亡。信二を轢いた車が龍河のものだと知った新は、龍河に激しい暴行を加えてしまう…という展開に。雨の中で新が龍河を殴りつけるシーンに「原作に忠実~雨降っとるしフルボッコ」「しっかりと韓国風にえぐい」などの反応が。このシーンも含め「六本木クラスなかなかの再現度でおもしろかった」「六本木クラス、本家にかなり忠実だなあ」「六本木クラス、梨泰院クラスにめちゃくちゃ忠実www」といった反応もかなりの数投稿されており、“原作再現度”の高さも大きな話題になっている模様だ。

【第2話あらすじ】
新は服役することに。服役中に茂の自叙伝を読んだ新は「復讐」という人生の目標を見つけ、2017年、新は六本木に自分の居酒屋「二代目みやべ」をオープン。同じ頃、高校生でインフルエンサーの葵は、クラスのいじめの様子を自身のアカウントで生配信。葵がいじめを行っていた生徒の母親から叩かれそうになっていると、偶然出くわした新が止めに入り…。

「六本木クラス」は毎週木曜21時~テレビ朝日系にて放送中。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close