ニュース

鈴木愛理の“海”、自分らしく逆境をチャンスに変える「ANIMALS」第3話 | .

恋も夢も忘れていた“幸せ迷子のズタボロ女子”の主人公が、最高の自分に生まれ変わろうとする、大逆転ラブストーリーを描く「ANIMALS‐アニマルズ‐」の第3話が放送。持ち前のド根性で、逆境をチャンスにしていく鈴木愛理演じる海の仕事模様に「励まされる」との声が上がっている。

榊圭祐(白洲迅)に認められ、晴れて「ANIMAL BEAUTY」の正社員になった鹿森海(鈴木愛理)。新企画として、スポーツ選手の藤沢みなみ(森迫永依)をモデル起用する広告案を提案するが、「コスメに興味がない」と本人に断られてしまう。

どうしても諦められない海は、長嶺風緒(本田響矢)に相談に行き、皆が驚くある行動を取ることに。なんとか企画成立させようと悪戦苦闘する中で、海は圭祐と同じ温泉宿に泊まることになり…。

コスメボックスの新発売イベントを無事成功させたことで、「ANIMAL BEAUTY」社長の榊に認められたものの、汗でボロボロになった海のズタボロメイクがSNSで拡散され、またしても炎上したことに副社長の醍醐悟(猪塚健太)はお怒りモード。しかし醍醐はこの炎上を逆手に取り、耐水性を向上させたアイパレットのプロモーションを早める提案、広告塔にウィンタースポーツの選手を起用することに。

海は数々の選手の中でもSNS上で圧倒的な人気を誇る藤沢みなみ(森迫永依)選手の起用を提案、オファーをするも撃沈。しかし、海は打ち合わせで感じた違和感と、カメラマン・風緒からの「自分らしくやってみな」という助言から、1人で藤沢選手の練習地・新潟まで乗り込む。

雪が降りしきる新潟にアウターなしで飛び込んだ海は、スキー場で藤沢選手と遭遇。その顔には、あれだけ興味がないといっていたメイクが施されていた。海は、藤沢選手がなぜコスメやメイクに興味がないといったかの真意を聞き出し、改めて広告塔モデルにオファー。

無事オファーを承諾してもらったものの、撮影ができる期間は明日1日のみということが発覚。困り果てた海のもとに、なんと圭祐が現れる。

スキー場で1日奔走した海と圭祐は、なんと同じ温泉宿で1泊をする展開に。疲れもあり、温泉でくつろぐ海は「最高!」と独り言をいうと、隣の男風呂にいた圭祐にまで聞こえてしまい、その後も壁1枚を挟んでお互いの幼少期について語り合う。就寝前にも、海が幼いころの思い出と語っていた星空について、連絡を取り合うなど、グッと距離を縮める2人。そんな2人の様子を見て、風緒と圭祐に密かに想いを寄せるモデルの雛(村上愛花)はこわばった表情を見せる…。

海の猪突猛進の奮闘っぷりと、圭祐と海が仲睦まじく語り合うシーンに「一生懸命な海ちゃんに励まされる」「海ちゃんの仕事への姿勢がすごい。自分の意志で動くのカッコいい」「キュンキュンが止まらない…」と反響が寄せられている。

「ANIMALS‐アニマルズ‐」は毎週木曜日22時~ABEMAにて配信中(全8話)。

ABEMA/Cafeはこちら

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close