ニュース

「ナンバMG5」津田健次郎が松と共演「いい子でした」 | .

筋金入りのヤンキー一家の次男・剛の高校逆デビュー物語「ナンバMG5」の特別編“全開バリバリでアリガト編”が、本日6月29日(水)に放送され、難破家の愛犬・松(豆三郎)と、その声を担当した津田健次郎が、実写で初共演を果たした。

間宮祥太朗演じる剛が幼少期から“弟”としてかわいがっている松は、ドラマ第1話から多くの視聴者を虜にさせていた。

今回の特別編では、難破家が松のバースデーを祝うために、ひそひそと家族会議を行っていると、仲間外れにされたと思い込んだ松は、家出を決意。街をさまよっていると、剛の妹・吟子(原菜乃華)が大ファンの津田健次郎のポスターを見つけ、立ち止まる松。そして目の前に、なんとリアル津田が歩いてきて、松が「あれ!?ポスターの人だ」とつぶやくと、津田は「今、“ポスターの人だ”って思ったろ」と語りかける。

さらに、松は「えっ、なんで分かるの?」と焦ると、津田が「今、“なんで分かるの?”って思ったろ」と言い、「こわ!」とビビる松。そして「はやく家帰れよ、皆心配してるぞ」と優しく語りかけ去って行く…という、これまで決して画面上で交わることのなかったふたりが、最後の最後で共演を果たした。

この撮影時、豆三郎は最初は津田さんに興味を示すものの、少々警戒している様子だったそうだが、空き時間に津田さんから積極的にコミュニケーションを取り、次第に距離が縮まり、本番を迎えるころには、NGテイクを出すこともなく、スムーズに撮影が進行したという。

今回のオファーに「え!いいんですか?と思って。すごくうれしかったですね。音の収録現場にはいましたが、撮影の現場には伺うことができなかったので、どこかでキャストやスタッフの皆さんとお会いしたかったので。現場に来てみて、“あーこんな雰囲気で撮っていたんだ!”と感激しました」と感想を語った津田さん。

豆三郎についても「いい子でしたねー!お芝居するのも、もっと時間がかかるのかな?と思いましたが、全然時間がおすこともなくスムーズでした。本当にいいタイミングでこっちに振り向いてくれるなど、神がかり的な瞬間があってすごかったです。豆三郎くんに話しかける芝居をして、その豆三郎くんにまた自分の声を入れるというのが不思議な感じですが(笑)。とにかく楽しかったし、うれしかったです!」とその演技力を絶賛している。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close