ニュース

神尾楓珠“伍代”、間宮祥太朗“剛”への「ありがとな」に号泣…松と津田健次郎の“共演”に「最高すぎ」の声「ナンバMG5」特別編 | .

間宮祥太朗主演「ナンバMG5」の特別編が6月29日オンエア。SNSでは松と津田健次郎の共演に視聴者から驚きと喜びの声が上がるとともに、伍代から剛に向けられた「ありがとな」の言葉に感動した視聴者からの書き込みも殺到している。

フジテレビ新枠“水10ドラマ”のトップバッターを飾った本作は、筋金入りのヤンキー一家“難破家”の次男・剛が、家族に内緒で健全な高校に入学。ヤンキーと普通の高校生としての“二重生活”を送る姿を描いた高校“逆”デビュー物語。原作は小沢としおの「ナンバMG5」と続編「ナンバデッドエンド」となり、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が演出を手がけた。

中学では千葉14校を傘下に持つ萬田中のアタマになるも、普通の高校生活を送りたいとごく普通の白百合高校に入学。2年半ヤンキーとの“二重生活”を送るも、家族に真実を明かし、晴れて自分らしい人生を歩み出した難破剛を間宮祥太朗が演じるほか、料理研究家の母を持つ伍代直樹に神尾楓珠。剛や伍代とつるむようになる大丸大助に森本慎太郎(SixTONES)。正義感が強いせいで時々問題を悪化させることがある藤田深雪に森川葵。

前回のラストで“シャバい”剛を受け入れた兄の難破猛に満島真之介。兄と同じ白百合高校に入学した妹の難破吟子に原菜乃華。元レディース総長の母・難破ナオミに鈴木紗理奈。学生時代は千葉最強と呼ばれた剛の父・難破勝に宇梶剛士といったキャストが出演した。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

特別編は、剛たち難破家の面々がサプライズで愛犬・松(豆三郎、声:津田健次郎)の誕生日パーティーを開こうと計画している姿を見た松が、自分が仲間外れにされたと思い込み家出してしまう…というおはなし。

家出した松は伍代や深雪らと出会うのだが、そんななか街角で松が緑茶の広告を見ていると、その広告に出ている人物が目の前に現れる。「あれ!? ポスターの人だ!」と驚く松に、ポスターの人=津田さんが「今、ポスターの人だって思ったろ」と話しかける。そして立ち去っていく津田さんを見ながら松は「なんかちょっと俺の声に似てたし…」と(心の中で)つぶやく…。

このシーンに「まさか松の中の人(津田さん)が出てくるだなんて…!!」「松(柴犬)目当てで見てたんだけど、今日の回で急に津田さん本人出てきてびっくりした」「まちゅと津田さんが同じ画面に収まってるの最高すぎた夢の共演ありがとう」など、視聴者からの喜びの声が続出。

また終盤では迷子になった松を迎えに来た剛に伍代が「ありがとな」と感謝の言葉を口にする。「え?」と聞き返す剛に伍代は「大丸がお前のおかげで人生変わったから、ありがとって」と続ける。すると剛は涙ぐみながら「俺もお前らのおかげで人生変わったわ」と応える…。

このシーンにも「剛も伍代も大丸も人生変わったありがとなって言える関係素敵」「伍代の「ありがとな」でブワッッッて涙出た」といった感想はもちろん「なんか間宮くんと楓珠くんと森本くんの言葉に思えて、今日一番泣けた」「伍代にありがとうって言われた剛が涙目になって。そこからは、剛の顔じゃなくて間宮くんの顔だと思う」など、俳優陣の万感の想いを感じ取る視聴者の声まで、様々な投稿がSNSに上がっている。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close