ニュース

西島秀俊×中村倫也、それぞれの“変身”「仮面ライダーBLACK SUN」特報映像 | .

白石和彌監督のもと西島秀俊中村倫也を主演に迎え、新たにリブートする「仮面ライダーBLACK SUN」が2022年秋より、Prime Videoにて200以上の国・地域で一挙世界独占配信されることが決定。そのキービジュアルと特報映像が解禁された。

1987年から放送され人気を博した「仮面ライダーBLACK」をリブートする本作。西島さんが演じるのは仮面ライダーBLACK SUN(ブラックサン)/南光太郎、中村さんが演じるのは仮面ライダーSHADOWMOON(シャドームーン)/秋月信彦。本日6月12日は「仮面ライダーBLACK」でシャドームーンの初登場回が放送された日でもある。

特報映像では、これまでの仮面ライダーシリーズにないほどの社会派で重々しい雰囲気が感じられ、ラストには2人それぞれの「変身」の声も。

キービジュアルでは、本作の重要なテーマでもある「悪とは、何だ。悪とは、誰だ。」というコピーとともにダークな雰囲気の中で力強い眼差しを向ける光太郎(西島さん)と信彦(中村さん)、仮面ライダーBLACK SUNと仮面ライダーSHADOWMOONが収められている。

さらに今回新たにスタッフ情報が明らかに。音楽プロデューサーとして「BiSH」をはじめ幅広く楽曲プロデュースなどを手がける松隈ケンタが音楽を担当。

『ロストパラダイス・イン・トーキョー』以来、最新作『死刑にいたる病』まで数多くの白石監督作品に携わってきた今村力が美術監督を担当する。

また『キングダム』や『今際の国のアリス』で特殊メイクを手掛けた藤原カクセイが造型を、数多くのアーティストのスタイリングを手掛ける。

『宮本から君へ』『竜とそばかすの姫』などの劇中衣装を手掛けてきた伊賀大介がスタイリストを務める。 白石監督のもとで錚々たる実績を持った面々が顔を揃えた。

「仮面ライダーBLACK SUN」は2022年秋、Prime Videoにて配信開始。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close