ニュース

松村北斗“柊磨”、藤木直人“要”に問いかけられ…視聴者からは「自分の心に素直になって」の声…「恋マジ」9話 | .

「恋なんて、本気でやってどうするの?」の第9話が6月13日オンエア。「お前はどうなんだ」と要から問いかけられた柊磨…その際の表情に「自分の心に素直になって」などの声が上がるなか、響子と要、アリサと克巳にも様々な反応が寄せられている。

恋に本気になれない6人の男女の群像ラブストーリーを描いてきた本作もいよいよ佳境に突入。柊磨と交際し始めたが彼の母親の“妨害”に遭う桜沢純を広瀬アリスが、母親に対する純の言葉を聞いて「帰れ」と告げた長峰柊磨を松村北斗がそれぞれ演じている。

2人のほか、架空投資詐欺で服役した後、パリで修行して一流シェフになった岩橋要に藤木直人。純の高校時代の同級生で夫がいながら要に惹かれる清宮響子に西野七瀬。バイト先のコンビニでアリサと出会い恋人になった内村克巳に岡山天音。パパ活相手の妻から300万もの慰謝料を請求されてしまった真山アリサに飯豊まりえ。

パリに渡った要が世話になった佐藤沙羅デュビビエに藤原紀香。息子の恋人である純に激昂した柊磨の母・長峰真弓に斉藤由貴といったキャストが共演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

サリューに現れた沙羅は、突然いなくなった要をずっと探していたと言い、「パリに帰りましょう」と新たに開業するレストランに要を誘う。あらゆる面で要を支えられる存在である沙羅に響子は圧倒的な敗北感を覚える。そして柊磨は、要のシェフとしての未来を思い、パリに行ってほしいと告げる。

沙羅に対しサリューには「俺を必要としてくれる人がいる」と、パリ行きを断る要。そんな要に柊磨は「俺は要さんが本当にしたいようにして欲しい」と告げるが、要から「お前はどうなんだ」と逆に問いかけられ、表情が固まり何も言えなくなってしまう…。

そんな要に「柊磨も自分の心に素直になって生きてほしいな」「周りが望むことを優先する癖、もう半ば無意識にやってるんだろうけど、たまには自分を優先しても良いんだよ…」「要さんに言われた時の表情。しゅーまはどうしたいの?自分の気持ち伝えれるのかな」といった反応が上がる。

一方、アリサが300万もの慰謝料を工面すべくキャバクラで働き出したことを知った克巳は、今の時点で支払える金額である180万を持って、アリサのパパ活相手・良和(アキラ100%)の妻の元へ行き、アリサとともに土下座謝罪する…。

そんな克巳にも「克巳くんの行動力にますます惚れた」「克巳くんいいなぁきゅんとした あんな行動とれる人いないよー」「このドラマ、ダントツでいい男なのは克巳くんです!!!好きな女性のために全財産を慰謝料の足しにして、一緒に土下座までしてくれるなんて」など、その行動を賞賛する声が殺到している。

【第10話あらすじ】
柊磨との“本気の恋”を諦め、彼と出会う前の自分に戻ろうとする純。一方、純に対する自分の思いに気づいた柊磨は、純のもとへと駆け出すが、すでに純の隣には大津(戸塚純貴)の姿が。それでも純の気持ちを確かめるように素直な気持ちを打ち明ける柊磨に、純が出した答えは…。

「恋なんて、本気でやってどうするの?」は毎週月曜22時~フジテレビ系にて放送中。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close