ニュース

吉田鋼太郎×吉岡里帆がゆるふわバディ結成! 新感覚ミステリー「監察の一条さん」 | .

初共演となる吉田鋼太郎と吉岡里帆が出演する異色のハートフル刑事ドラマ「監察の一条さん」の放送が決定した。最高にキュートでポップなゆるふわ監察官バディを結成し、ほっこり事件を解決していく。

警視庁捜査一課でキャリアの道を突き進んできた超優秀な刑事・結城まりあは、まさかの当日になって結婚式をブッチされてしまった。後日、1人新婚ハワイ旅行を済ませ職場に向かうと、捜査一課の仲間からは、当然のように腫れ物扱い。そんな中、バディを組むエリート刑事・椎名一樹のフランクな優しさに心を癒される。ところがその先には、さらにヘビーな現実が。結婚のために提出した異動願がまんまと受理され、“嫌われ部署”=警務部監察係へと異動することになってしまったのだ。

まりあが監察係長・松岡瑠璃子からバディを組むよう命じられたのは、妙に軽くて馴れ馴れしいおっさん監察官・一条善太郎。そんな中、大木が女性と別れた後に会っていた男が、行方不明中の警察官が所持していた拳銃で殺される事件が発生。椎名ら捜査本部が大木を被疑者として追いかける中、引き続き素行調査のために大木を尾行していた一条とまりあは、なぜか事件の真相にたどり着き…!?

吉田さんが演じる主人公・一条善太郎は、定年間近で仕事をサボってばかりのゆるふわ監察官。とにかく人懐っこくてミーハー、全力でテヘペロしちゃったり、ちょいと古めなJK用語も乱発したり、一見ヤバめのおっさんだが、実は凄腕の監察官だ。

一条とバディを組むことになるのが、吉岡さん演じる毒舌監察官・結城まりあ。キャリア組のまりあは結婚に向け、管理部門への異動願を提出。ところが結婚式を当日ドタキャンされたばかりか、異動願だけはしっかり受理され、監察係へ異動することになってしまう。一見、ふざけているとしか思えない一条にふり回され、ブチギレる一方、少しずつアンコントローラブルな一条が隠し持つ唯一無二の才能に気づいていくまりあ。2人はぶつかり合いながらも、監察対象の警察官が被疑者として浮上した連続殺人事件の真相にたどり着いていく。

吉田さんは「一条は飄々としていて、掴みどころがなく、ふざけてるのか真面目なのか分からない人物。僕は普段、イメージに合う誰かを想像して役作りをしていくのですが、一条さんはあまりにも掴みどころがなくて、モデルを特定できませんでした(笑)。なので出たとこ勝負、その時々で感じたことを演じようと思って、撮影に臨みましたが、苦労はなかったです」と撮影をふり返り、「今回はほぼ即興劇に近い形で撮影したので、僕は楽しかったけど、一条のような掴みどころのない人と絡み、その一挙手一投足を受けて立ち回らなければならない里帆ちゃんは本当に大変だったと思うんですよ。でも、ちゃんと食らいついてきてくれた! その姿がとても愛おしかったです」と吉岡さんとの共演を語る。

吉岡さんは「このドラマは刑事モノとは思えないくらい、キュートでポップ!事件を追っていく人たちの人間性や掛け合いの面白味が見どころです」と話し、「今回は監督が現場で毎回、撮影したばかりのシーンに曲を合わせて、音のイメージを確認されていました。かわいい曲ばかりなので、こちらも見どころです。音楽も相まって、楽しんでご覧いただける“新しい刑事ドラマ”に乞うご期待です」とアピールした。

脚本は「名探偵ステイホームズ」の森ハヤシ、監督は『ハニーレモンソーダ』の神徳幸治、劇中音楽は「カルテット」「コンフィデンスマンJP」シリーズでもお馴染みの「fox capture plan」が担当する。

ドラマスペシャル「監察の一条さん」は6月29日(水)20時~テレビ朝日にて放送(※一部地域をのぞく)。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close