ニュース

上野樹里“杏花”の神対応に「素敵すぎる」「回避がうますぎ」とTL賞賛、井川遥“明里”のメールも話題…「持続可能な恋ですか?」7話 | .

上野樹里が主演する「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」第7話が5月31日放送。井川遥演じる明里のメールの文体に驚きと笑いが巻き起こる一方、虹朗をフォローする杏花の“神対応”に「素敵すぎる」「回避がうますぎ」など賞賛も集まっている。

晴太に結婚を前提とせず交際したいと告げた沢田杏花を上野さんが、離婚して息子の虹朗を引き取ったあとも妻の安奈と同じマンションの違う部屋に暮らす東村晴太には田中圭。居候していた杏花の家から突然出ていく不破颯に磯村勇斗。

妻に先立たれたフリーの日本語学者で杏花の父親の沢田林太郎に松重豊。婚活で林太郎と出会い婚活相談するようになる整形外科医の日向明里に井川遥といったキャストが出演する本作。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

婚活を続けている明里は、婚活エージェントからお見合い希望の相手がいるとメールをもらう。メールを読んだ明里は「めんどくさ…」とつぶやき返信。続けて林太郎に相談のメールを送ろうとするのだが、そこで「前略?拝啓??」と文面に悩み始める。

そして林太郎に「お願いの儀」という題名から始めるメールが届く。「拝啓 初夏の候、沢田様におかれましては足も腰も健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。」という書き出しから始めるメールは、終始“超丁寧”な文体で「近々、私、日向明里とデートをして頂けませぬでしょうか?」と、林太郎を“デート”に誘うものだった…。

「日向さん、めちゃめちゃ文章がかたいwww 武士かwww」「お願いの儀wwwwwwかしこまりすぎwwwwww」「パパが言葉のプロだから色々考えた結果あの口調になったの??考えすぎて??」など、明里のメールの文体に笑いの嵐が巻き起こる。

一方、杏花と晴太もデートへ。しかし途中で晴太の元妻・安奈から虹朗を預かって欲しいと連絡が。急遽虹朗を迎えに行き、その後虹朗が杏花の作ったカレーが食べたいと言い出し、3人で晴太のマンションに向かうことになる。その途中で晴太は明日の結婚式に着ていく礼服をクリーニングに出したことを思い出し、杏花が虹朗を連れクリーニング屋へ。

そこで虹朗の友人のママと遭遇、虹朗の母の話題になり「明日はママの家の日なんだ」と虹朗が口にすると、クリーニング屋の店員が何かを察したように「ああ…そういうこと」と言い、友人のママも「偉いね、虹朗君」と続ける。さらに両親が同じマンションの別々の部屋に暮らしていることを明かすと、その場が微妙な空気に…杏花はすかさず「いいなあ虹朗君は。2つも家があってうらやましい」とフォローする。

「杏花ちゃん素敵すぎる」「うわぁぁあ、回避がうますぎた」「杏花さんの虹郎くんのことを思っての大人な対応素敵すぎるよ」「そっと話題を楽しい方向に持っていくの流石なんだよな」など、杏花の“神対応”にも賞賛が集まっている。

【第8話あらすじ】
林太郎は明里からお見合いを申し込まれ驚く。明里の真意が分からず電話をするも、お見合い当日までの接触を断られてしまう。独立へ向けて動き出した杏花には晴太から突如SOSの連絡が。虹朗が熱を出してしまい学童へ迎えが必要だが仕事ですぐ戻れない場所にいるという。杏花は自分が迎えに行くと答えるが独立に向けた重要な打ち合わせに出なければならず、仕事とプライベートの選択を迫られる…。

「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」は毎週火曜22時~TBS系にて放送。


※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close