ニュース

ディーン・フジオカ“小比類巻”、VR内の妻・亜美との別れに「今までで一番切ない」の声…「パンドラの果実」4話 | .

ディーン・フジオカ主演「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」の第4話が5月14日オンエア。ディーンさん演じる小比類巻に「今までで一番切ない」などの声が上がるとともに、VR空間内で見せた小比類巻のジャンプにも多くの反応が集まっている。

本作は最愛の妻を亡くした警察官僚とアドバイザーの天才科学者が、法整備や警察機構の対応が追い付いていない犯罪を捜査していくという物語。

妻の亡骸を“冷凍保存”し、科学が進歩して蘇生できる日が来るのを待っている小比類巻祐一にディーンさん。“何かの出来事”をきっかけに科学界から身を引いた天才科学者・最上友紀子に岸井ゆきの。叩き上げの警部・長谷部勉にユースケ・サンタマリア。小比類巻の後輩で様々な情報を提供する厚労省の三枝益生に佐藤隆太。亜美の母・四宮聡子に石野真子。亡くなり冷凍保存されている小比類巻の妻・亜美に本仮屋ユイカ。小比類巻と亜美の娘・星来に鈴木凜子といったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

お天気キャスターの吉田咲(中川紅葉)が生放送中に飛び降りてしまう。他にも突発的で不可解な飛び降り自殺が続発しており、いずれも自分が選んだバディとVR空間内で遊ぶ「ジョイン」というVRゲームのプレーヤーだったことが判明。

そんななかまた飛び降りが発生。未遂で一命を取りとめたのは岡澤まひる(天木じゅん)という地下アイドル。まひるはバディに亡くなった妹を選んでいたことが判明。小比類巻はバディの再現に、AIで再現した死者と会話できる最新技術“故人AI”が使われていると推測。小比類巻がジョインのVR空間に入ると亜美の声が聞こえてきて…というのが4話のストーリー。

ゲーム内で飛び降りが裏技になっており、現実とVR空間の区別がつかなくなったプレーヤーが現実世界でも“裏技”を使おうと飛び降りていた。ジョインを作ったのは転落事故で寝たきりになった子どもで、すでに亡くなった友人に会うためにゲームを作っていた。制作者の子どももすでに死亡していた…という展開だった。

結局ジョインは閉鎖されることになるのだが、最後にゲーム内で亜美が待っている教室のドアを開けようとしつつも“自制”。VRに取り込まれず現実に帰ってくる小比類巻に「亜美さんは本物じゃないと分かっていても信じたくないコッヒー、でも教室の扉を開かなかった、こらえた」「今までで一番切ない回でしたね 突然失った愛する奥さんに会いたい…気持ちがわかって辛い」といった反応とともに「コッヒーは普段は冷静で頭も切れるのに、奥さんのよみがえりを願うあまり、一歩間違えると道を踏み外すギリギリのところに立ってることがわかった」と、小比類巻が内包する“危険性”を指摘するツイートも。

またゲーム内で小比類巻が飛び降りた際のポーズにも多くの視聴者から「ちょっとマリオジャンプみたいだったなコッヒー」「コッヒーのマリオJUMPには笑ったわ」「ディーンフジオカのマリオジャンプなかなかやったで」といった声が寄せられている。

【第5話あらすじ】
サイエンスライターの速水(栗山千明)が街中で突然倒れ死亡。死因は老衰と診断されるが彼女の実年齢は35歳だった。速水は最上の大学時代の先輩で、最上に会いに行く途中、体が急激に老化して死に至った。その原因は最上と速水が共同研究していたウイルス。プロメテウス。最上は小比類巻と長谷部に、速水との研究で起きた出来事を語り始める。最上が科学の世界から姿を消した真相が明かされる…。

「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」は毎週土曜22時~日本テレビ系にて放送。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close