ニュース

“キリコ”柴咲コウの黒スーツ姿に「眼福すぎ」、永山絢斗演じる“キリヒト”登場には「また2転3転ありそう」…「インビジブル」第5話 | .

高橋一生と柴咲コウが共演する「インビジブル」第5話が5月13日放送。黒スーツ姿のキリコに「鉄板クール」「眼福すぎ」などの声が殺到、さらに永山絢斗演じる“キリヒト”に「また2転3転ありそう」「今回情報量多すぎです」といった感想も続出中だ。

本作は刑事と犯罪コーディネーターという相容れない2人が異色バディを組むことになる、前代未聞の犯罪エンターテインメント。

キャストは、3年前同僚を殺した通り魔事件の犯人を追い続けている志村貴文に高橋さん。志村が追う通り魔事件について事情を知っている模様の犯罪コーディネーター・キリコに柴咲さん。

独走しがちな志村を快く思ってない監察官の猿渡紳一郎に桐谷健太。志村を左遷した元上司で捜査一課課長の犬飼彰吾に原田泰造。キリコをサポートするマー君に板垣李光人。志村が在籍する特命捜査対策班班長の塚地敬一に酒向芳らが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

3年前の通り魔を自供した武入(鈴之助)が「インビジブルに頼まれた」と証言する映像が志村のもとに送られてくるが、志村は武入に直接会い、彼が3年前の事件の犯人ではないと確信する。その武入が検察へ護送中、何者かに連れ去られてしまう。さらにキリコも民宿から行方をくらます。キリコと武入はつながっているのか!? 二人に対する緊急配備が敷かれることに。

志村は鑑識の近松(谷恭輔)の協力を得て、ハッカーのラビアンローズ(DAIGO)から重罪犯を逃がして多額の報酬を得る“逃がし屋”の存在を聞き、武入を連れ去った逃がし屋に接近する。一方キリコは武入を逃がした“キリシマ”なる人物に成りすまし、武入とコンタクトを取る…というのが5話の展開。

武入と接触したキリコの黒スーツ姿に「ブロンドに黒のパンツスーツは鉄板クールだ」「今夜の黒スーツは今までのお召し物のなかでも一二を争う美しさ」「1時間ほぼぶっ通しで、コウちゃんの黒パンツスーツは、眼福すぎた」などの声が殺到。

その後武入と共にホテルにいるキリコを志村が見つける。「本当のことを言え」と迫る志村にキリコが「キリシマは…」と言いかけたところで武入が何者かに連れ去られる…。連れ去った相手は1話の渋谷街頭ビジョンを電波ジャックしたのと同じ“包帯姿の男”。再び電波ジャックしたその男は、武入とキリコが持つデータチップを交換するよう迫る。志村とキリコは一旦は武入を救い出すも、その後彼はドローンに撃たれてしまう。そして現れるフードを被った男。彼こそ“本物”のインビジブル、キリコの弟、キリヒト(永山絢斗)だった…。

この展開に「キリコは派手にビジブルだよな~と最初から思ってたけど、やっぱり本物のインビジブルは別にいたのね。」「本物のインビジブルは永山絢斗だった、、しかしまだ5話目だから、また2転転ありそう」「キリヒト?!キリコの弟?!本物のインビジブル?!ちょっと今回情報量多すぎです」といった感想も続出している。

【第6話あらすじ】
本当のインビジブルはキリコの弟・キリヒトだった。姉を取り戻すために突然姿を現したキリヒトは、安野(平埜生成)が殺害された3年前の事件も自分がコーディネートしたと志村に告げる。さらに現在進行中の事件をほのめかしたうえで、今回依頼されたターゲットのうちの一人でも救うことができたらキリコを諦めると言い残し去っていく。警察が捜索を強化するなかキリヒトの予告通り新たな犠牲者1人が発見される。その残忍な手口を聞いたキリコは医師免許を持つ「ドクター」の仕業だと志村に告げる…。

「インビジブル」は毎週金曜22時~TBS系にて放送。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close