ニュース

実写世界で描く全く新しい映像体験!『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』注目ポイント | .

1943年のスクリーンデビュー以来、世界中で愛されているディズニーの名コンビ、チップとデール。その人気をより加速させたアニメーションシリーズ「チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ」(’89)から30年の時を経て、彼らの新たな物語を描く『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』がディズニープラスのオリジナル長編映画となって5月20日(金)より配信。この度の配信開始を前に、本作のポイントをまとめてみた。

>>『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』あらすじ&キャストはこちらから

今作は現実的な設定?

シマリスのチップとデールは、性格は正反対でありながらも常に一緒に行動し、ドナルドダックにいたずらを仕掛けているお茶目なコンビ。

彼らが活躍した「チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ」では、個性豊かな仲間たちと共にレスキュー隊を結成。リーダー的存在で頼れるチップと、ちょっぴりマヌケでチームを困らせるデールがぶつかり合いながらも、絶妙なコンビネーションで難事件に立ち向かう様子を描いた。

配信を控える最新作では、チップは郊外で保険会社のセールスマンをし、デールはCG手術を受け、懐かしのスターたちが集まるノスタルジア・コンベンション・サーキットで働きながら、かつての栄光に思いを馳せている――という、なんとも現実的な設定となっている。「チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ」が打ち切りとなり、彼らの人生も180度一変。過去の栄光が閉ざされた世界で、どんな冒険を繰り広げるのか?

“2D×3D×実写”で描く全く新しい映像体験

アニメーション版では2Dで描かれていたチップとデール。

今作では、舞台は現代のロサンゼルスで“実写”の世界、チップは2Dアニメーションで変わらぬまま、デールは手術を受け、毛がフサフサの“3D”のビジュアルへと変化。これまでも2D、3Dと革新的な映像で観客を魅了してきたディズニーが、新たな世界に挑戦した。

アラジンやスクルージ・マクダックも登場? ユーモア満載の世界観

チップ&デールのコンビだけでなく、ほかのディズニーキャラクターの姿も予告編で見られる。

例えば、『インディ・ジョーンズ』のショップや、アラジンの後ろ姿、ドナルドダック伯父おじさん、スクルージ・マクダックのようなキャラクターも。本編にどのくらいのキャラクターが登場するのか、夢の共演にも注目となっている。

『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』は5月20日(金)よりディズニープラスにて独占配信。

「チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ」はディズニープラスで配信中。

Disney+公式サイトはこちら

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close