ニュース

一華を守ろうとした萩原利久“宗介”に「完全に落ちました」、塩野瑛久“大谷”には「黒大谷さん待ってる」の声…「探偵が早すぎる」3話 | .

「探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~」の3話が4月28日深夜放送。男たちに絡まれた一華を守ろうとした萩原利久演じる宗介に「完全に落ちました」「ミステリアス」などの声が上がる一方、塩野瑛久演じる大谷に視聴者からは“疑惑”も持ち上がっている。

ほんの些細な違和感やミスを察知し未然に殺人計画を防いでしまう“早すぎる探偵”こと千曲川光が、巨額遺産を相続した十川一華を守る…というストーリーが繰り広げられる本作。

事件そのものを未然に防いでしまう早すぎる探偵・千曲川光には滝藤さん滝藤賢一。再び巨額の遺産を相続することになった十川一華には広瀬アリス。家事全般を完璧にこなし常に冷静沈着で、様々な資格や免許も持つ一華の家政婦・橋田政子に水野美紀。

一華に好意を抱き積極的にアプローチしてくる会社の先輩・大谷和馬に塩野瑛久。一華が会社内で唯一仲の良い同僚の女子・中村真央に新條由芽。美津山財閥会長・美津山秋菜に宮崎美子。秋菜の孫で現在はバーを経営している美津山宗介には萩原さん。宗介の妹・美津山葉子に木下彩音。今シーズンで秋菜や一華を狙う美津山家次男・二郎に和田正人。長女・成美にMEGUMI。次女・明日香にソニン。三男・純三郎には永野宗典といったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

一華殺害計画に失敗した純三郎が重傷を負ったため、残された二郎、成美、明日香が次なる計画について話し合っていた。二郎は、過去に一華が相続した遺産を狙った財閥の一族が次々と不幸に見舞われたことを知り、千曲川の仕業で自分たちも同じ目に遭っているのだと気付く。そんななか明日香が一華殺害に動き出す。

一方、大谷、真央と宗介のバーを訪れた一華は、そこで大谷から真央とともにキャンプに誘われる。話を聞いていた宗介と葉子も行きたいと言い出しみんなでキャンプに行くことになるのだが、橋田も付いてくることに。さらに現地に行くとそこには千曲川の姿も。困惑する一華だったが、キャンプ場には従業員になりすました明日香も潜入していた…というのが3話の展開。

キャンプ先でトイレに行く途中、男性3人組に絡まれた一華。しつこく絡む3人の前に心配で追ってきた宗介が現れる。殴られ続けた宗介はふらつきながら一華に近づき笑顔をみせるが、口の中は血だらけでそのまま倒れ込んでしまう…。

そんな宗介に「宗介は正義感が強そう」「宗介さんボコボコだったけどカッコよかった」「宗介ほんと最高……よろよろこっちに来て口の中血だらけで笑って倒れて白目剥いてる宗介に完全に完全に落ちました」などの反応が。「3話の宗介、いろいろ動きがあって楽しかった。でもまだ全然ミステリアスだな。なに考えてるのかな」と宗介の行動の意図が気になるという視聴者の声も。

一方、男性たちをあっという間にやっつけて一華を守った大谷だが、視聴者からは「大谷先輩が暴漢仕込んだんじゃねの?」といった“考察”も。次回予告ではタバコをくわえ不穏な表情を見せるカットもありSNSには「とりあえず、大谷さんが敵でも味方でも楽しみ」「黒大谷さん待ってる」などの反応も投稿されている。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close