ニュース

“Jホラーの父”鶴田法男監督『戦慄のリンク』がオープニング「カリコレ2022」開催 | .

ミニシアター“新宿シネマカリテ”が贈る魅惑の映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション(R)2022」(略して「カリコレ(R)2022」)が7月15日(金)~8月11日(木・祝)の4週間に渡り開催が決定。今年もジャンルや国境を越えた選りすぐりの新作と旧作をラインアップする。

2014年の第1回が開催された「カリコレ(R)」は今年で第8回目。今年のオープニング作品は「Jホラーの父」と呼ばれる鶴田法男監督が中国で撮った新感覚AIサスペンスホラー『戦慄のリンク』。中国の人気作家マ・ボヨンのスリラー小説「她死在QQ上」(直訳「彼女はQQで死んだ」)の原作に、世界を震撼させた「青い鯨事件」のリアルな恐怖を盛り込んで映画化。

謎のネット小説を読んだ者が小説と同じ死に方をする…という物語で、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のビジュアルディレクター神田創(撮影)ほか、日本の精鋭スタッフが参加した映画ファン必見作。すでに中国全土5,000館で上映され、アジア圏を中心に世界でも話題のホラーが、カリコレ2022で待望の日本初上陸。

さらに新作4作品として1作目は、ニコラス・ケイジ激怒の復讐モノ『PIG』(原題)。ストレートなタイトルが物語るように「俺の豚を返せ!」とニコケイ演じる主人公ロブが溺愛する忠実なトリュフ・ハンターの豚を奪還するリベンジスリラー。これぞ! ザ・カリコレ(R)な新作。

『PIG』(原題)

そして2作目はジャン・レノ出演の近未来SF作品『レッド・グラビティ』(原題:Paul W.R.’s Last Journey)。舞台は2050年の地球。異常高温で生命体は絶滅し、謎の“惑星レッドムーン”が地球に大接近。この危機を救えるのはただ一人の宇宙飛行士ポール。しかし、ポールはある秘密を知りミッション当日の夜明け前に姿を消していた…。フランス発、環境破壊が進む人類の終末に警鐘を鳴らす1本。

『レッド・グラビティ』

さらに3作目は10年ぶりに俳優業に復帰した!? 枠に収まらない男、ヴィンセント・ギャロが小児性犯罪者を怪演する『トジコメ』(原題:SHUT IN)。新生活を子どもたちと暮らそうとした母親。そんな矢先、怒り狂った元カレに閉じ込められてしまう。取り残された子どもたちを救うため、彼女は密室から脱出できるのか!? 『トリプルX:再起動』『イーグル・アイ』のD・J・カルーソー監督が贈る戦慄のシチュエーション・スリラー。

『トジコメ』

そして4作目はシーズン先取りカナダ発のカリコレ(R)お馴染みのハロウィーン・ホラー映画『ハロウィン 悪魔のウイルス』(原題:Halloween Party)。大学生のグレースは友人ゾーイのパソコンから不気味なハロウィーンのミームを見つける。そのミームから一番の恐怖を聞かれたグレースは回答を入れるがゾーイは拒否。それをきっかけに惨劇が起こる。このミームの正体を突き止めようとグレースはパソコンオタクのスペンサーにも助けを求め仲間と共に、繰り返される惨劇に立ち向かう新感覚ホラー。低予算ながらミレニアム世代が贈る独創的で野心的な秀作。

『ハロウィン 悪魔のウイルス』

このほか、今年も新作旧作含め話題作&注目作が目白押し。クロージング作品やシークレット上映作品は今後発表されていく。

「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション(R)2022」は7月15日(金)~8月11日(木・祝)まで4週間、新宿シネマカリテにて開催。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close