ニュース

本田翼、実際にデビューする“7人組ボーイズグループ”の“寮母”に!? 「君の花になる」主演 | .

本田翼が10月スタートの火曜ドラマ「君の花になる」にてTBSドラマに初主演、ひょんなことから7人組ボーイズグループの“寮母”になる主人公を演じることが決定。そのボーイズグループは劇中だけでなく、期間限定のグループとして実際にデビューする。

本作は、ある出来事により挫折した元高校教師の主人公・仲町あす花(なかまち・あすか)が、崖っぷちのボーイズグループ7人の寮母となり、一緒に“トップアーティストになる夢”に向かっていく物語。あす花はボーイズグループが共同生活する寮の“寮母”になったことをきっかけに、かつての教え子・佐神弾(さがみ・だん)と再会する。弾がグループのリーダーとして夢に向かってまっすぐ挑戦する姿に心を打たれ、気づけば教師だったころの情熱を取り戻し、自身の挫折とも向き合うようになっていく。

恋も仕事も友情も、新たなステージへ進む女性の成長を描いたオリジナルストーリーで、「恋せぬふたり」「花のち晴れ~花男Next Season~」の吉田恵里香が脚本を手がけた。

主人公・仲町あす花を演じるのが、本田翼。TBSドラマへの出演は「わにとかげぎす」(2017年)以来、約5年ぶりとなる。本田さんが演じるあす花は、その名の通り「辛いことがあっても明日には花を咲かせて、誰かの力になる」という、常に周りを明るく照らす女性。「先生になる」という幼いころからの夢を叶え、高校教師として日々前向きに奮闘していたが、ある出来事をきっかけに挫折し、引きこもりになってしまう。

無職になったあす花が姉の家に転がり込んで3年が経つ頃、ある事情から、アパートの住み込み寮母をすることに。ふたを開けてみたら、そこはあるボーイズグループが共同生活する寮だった! さらに、そのグループのリーダーはかつて自身が夢を応援した元教え子・弾! 思わぬ再会に驚く暇もなく、日々、料理・掃除・洗濯に追われながら、デビューしても崖っぷちな彼らに全力で向き合っていく。

やがて、トップアーティストになる夢にまっすぐ挑む弾から、「俺があんたを見たことのない世界に連れてくから!」そう宣言されたあす花はステージで輝く彼の姿を見るたびに胸が高鳴るように。教師になる夢を実現させるも破れてしまい、心を閉ざしてしまったあす花。元教え子と再会したいま、立ち止まっていた彼女が再び走り出す。

まさに「君の花になる」というドラマタイトルのように、主人公をはじめ登場人物全員が「誰かの花(=力)になることができる」というメッセージを届けていく。

本田さんは今回の主演に嬉しく思うと同時に、「共演のボーイズグループの男の子たちをけん引する立場でもあるので、身の引き締まる思いです」と明かす。自身が演じるあす花は「挫折から抜けだせない状態なのですが、夢に向かうボーイズたちに出会い本来のあす花を少しずつ取り戻していきます。その心情と過程を丁寧に表現していきたい」と意気込む。

さらに「ボーイズグループの成長」も注目ポイントだと言い、「全員がキラキラで個性豊かな面々です。ぜひ“推し”を見つけていただき、応援してもらえたら」と語っている。

また、本田さんのドラマファーストビジュアルを公開。エプロンに身を包んだ本田演じるあす花が、共同生活を送る男子7人の寮母として働く様子を表現。ボーイズグループ7人の存在が垣間見える小物が散らばったデザインとなっている。

物語の重要なキーとなるボーイズグループの7人は、オーディションを通して、芝居・ダンス・ボーカルとそれぞれの得意分野やバックボーンの異なるフレッシュな若手を選抜。この7人は劇中だけでなく、期間限定のボーイズグループとして実際にデビューすることが決定。 主題歌・劇中歌などの楽曲発表や、物語と連動したライブ、イベントなど多岐にわたる活動を行っていく予定。

なお、今回TBSとして初めてドラマ放送前から長期にわたって、彼らのメイキング映像をTBS公式YouTubeチャンネル「YouTuboo」にて公開。約1年という準備期間をかけて、異なる分野で活躍する7人が1つのグループになっていく様子をオーディション時の映像、芝居・ダンス・ボーカルレッスンなど多種多様なオリジナルコンテンツとして毎週届けていく。

そのボーイズグループの詳細は、5月4日(水・祝)よりドラマ各公式SNSにて順次公開予定。

火曜ドラマ「君の花になる」は10月、毎週火曜22時~TBS系にて放送スタート。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close