ニュース

【ディズニー】東京ディズニーランド39周年、開園当時の写真などを公開 | .

株式会社オリエンタルランドは14日(木)、翌4月15日(金)に開園39周年を迎える東京ディズニーランドの開園当時の写真などを公開し、東京ディズニーリゾートの進化の軌跡と今後の展開について紹介した。

“夢と魔法の王国”をテーマに1983年に誕生した東京ディズニーランドは、「あらゆる世代の人々が一緒になって楽しむことができる“ファミリー・エンターテイメント”を実現したい」というウォルト・ディズニーの思いがアメリカでディズニーランドを生み、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーもその思いのもとに誕生した。

その東京ディズニーランドは、1983年4月15日(金)午前9時に、当社の代表取締役社長(当時)の高橋政知による「ここに東京ディズニーランドの開園を宣します!」の言葉で開園した。初日は約18,000人ものゲストが来場したという。開園日当日の天候は曇りや雨のあいにくの天気だったものの、多くのゲストがパークを満喫した。

この東京ディズニーランドの開園後、2000年7月には国内初のディズニーホテル「ディズニーアンバサダーホテル」、2001年7月にはモノレール「ディズニーリゾートライン」、同年9月には東京ディズニーシーおよび「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」がオープンした。東京ディズニーリゾートとして、より多くのゲストを迎えることができるようになり、パークを泊まって楽しむ滞在型という新たな楽しみ方の提案ができるようになった。

ディズニーホテルはその後「東京ディズニーランドホテル」、「東京ディズニーセレブレーションホテル」、そして2022年4月5日には第5のディズニーホテルとなる「東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル」が開業したばかり。

「ファンタジースプリングス」

また、東京ディズニーランドが開園40周年を迎える2023年度には、東京ディズニーシーを大規模拡張。新たなディズニーホテルを有する8つ目のテーマポート「ファンタジースプリングス」がオープンする予定だ。

同社は「東京ディズニーリゾートは、これからもあらゆる世代のゲストがそれぞれのスタイルでディズニーテーマパークの普遍的な価値を体感し、その夢のような世界が途切れることなく続く、両パークを核としたオンリーワンのテーマリゾートへと進化し続けます」とコメントしている。

※取材時の状況に基づいて記事化しています。紹介したイベント、メニューなど、すべての掲載情報は、予告なく変更になる場合があります。

(C) Disney

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close