ニュース

吉田羊&松井玲奈ら全員女性キャストで上演!「ジュリアス・シーザー」テレビ放送へ | .

昨年10月に東京・PARCO劇場ほかで上演された女性キャストのみの舞台、パルコ・プロデュース2021「ジュリアス・シーザー」が、CS放送局「衛星劇場」にてテレビ初放送されることになった。

本公演はシェイクスピアの有名な「ローマ劇」の1つ「ジュリアス・シーザー」を、吉田羊、松井玲奈、松本紀保、シルビア・グラブら女性キャストだけで上演し話題を集めた舞台。

演出には、いまや演劇界の重鎮と言える森新太郎を配し、朋友たちとの友情、師と仰ぐ人物への信頼と憧れ、正義ゆえの裏切りなどを、ローマ史実を基に壮大な政治劇として描き出す。

本作が初めてのシェイクスピア劇出演となる吉田さんが主人公ブルータス役を演じるほか、松井さんがシーザーの腹心の部下アントニー役を、松本さんがブルータスの同僚で友人のキャシアス役を、ミュージカルのみならずストレートプレイでも大きな存在感を放つシルビアさんがブルータスらに暗殺を謀られる古代ローマ王政の独裁官、ジュリアス・シーザー役で出演する。

さらに、三田和代久保田磨希藤野涼子ほか映像、舞台で活躍するベテランから若手まで硬軟取り混ぜた女優たちが大集結した。

ストーリー

共和政末期のローマ、紀元前44年3月15日のジュリアス・シーザー暗殺とその後をめぐる物語。宿敵を破ったシーザーが民衆の歓呼を浴びながら堂々とローマへ凱旋するところから芝居は始まる。

護民官や貴族のなかには、いまや対抗勢力のなくなったシーザーに危険な野心を感じるものがいた。キャシアスも、その権力が益々強大になり共和政の伝統を破壊することを危ぶんでいた。そして、市民から厚い信望を得ていたブルータスを仲間に引き入れ、シーザーの暗殺を決行する。英雄の死に一度は混乱した市民たちも、直後に行われたブルータスの演説に納得するが、シーザーの腹心だったアントニーが弔辞を述べると、今度は逆に反ブルータスへと翻ってしまい…。

パルコ・プロデュース2021「ジュリアス・シーザー」は4月24日(日)17時~「衛星劇場」にて放送。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close