ニュース

Kep1er、大先輩ヒョリンからのライバル指名に「ありがとうございます!」「QUEENDOM 2」1話 | .

人気K-POPガールズグループ6組によるサバイバル番組「QUEENDOM 2」が初回放送を終え、「ヒョリン」「Kep1er」「QUEENDOM 2」などのワードがTwitterトレンドにランクイン、早くも様々な反響が寄せられている。

「QUEENDOM 2」は、「ENHYPEN」が誕生した「I-LAND」や、「Kep1er(ケプラー)」が誕生した「Girls Planet 999 :少女祭典」など、数多くの人気番組を手掛ける韓国のエンターテインメント企業のCJ ENMによるK-POPのサバイバル番組。2021年に放送し、「Stray Kids」が優勝した「KINGDOM:LEGENDARY WAR」の女性版といえ、2019年に放送した「Queendom」に続くシリーズ2作目となる。

初回放送では、今回招集された計6組が対面を果たし、ライバルグループを指名するところからスタート。第1ステージの「VIVIZ(ビビジ)」、HYOLYN(ヒョリン)のパフォーマンスが披露された。

自分たち以外に、どのグループが参加するのか分からないまま迎えた対面式。続々と対面会場入りし、次に来るグループをソワソワした表情で待ち構える。4組目に「Girls Planet 999:少女祭典」から誕生したグループ「Kep1er」がドキドキした様子で会場入りし、初々しい挨拶を見せると、「WJSN(宇宙少女)」ら先輩グループは拍手で彼女たちを迎えたが、なおも緊張した姿をみせる「Kep1er」に、「LOONA(今月の少女)」が「『WA DA DA』、とても良かったですよ!」と声をかけ、ダンスを踊って見せると、メンバー総立ちで「ありがとうございます!どうしよう、感動しちゃった」と歓喜。

そして6組目に元「SISTAR」のリーダー兼メインボーカルで現在は、オールラウンダーソロアーティストとして活躍するHYOLYNが登場し、全員集合。MCの「少女時代」テヨンらも合流し、ライバル指名タイムへ。

ライバル指名では、ベテランのHYOLYNが新人グループである「Kep1er」を指名し会場は騒然。指名された「Kep1er」は驚きを隠せない様子で「ありがとうございます!」と大感激のリアクション。「スローガンを叫ぶ姿や、ステージ上の姿が情熱と覇気に溢れている感じがした」「そういう情熱ややる気が『Kep1er』の皆さんと(私が)近いかなと思った」と指名理由を述べた。

そして第1ステージは、全グループで披露する順番を決め、1番手は「VIVIZ」から。「1回目のバトル、1番目、1位をとれば、いい意味があるんじゃないかと思って、選びました」と宣言。2015年にデビューし、6年間「GFRIEND」として活動した後、昨年5月に電撃解散を発表し、新たなスタートを切った3人。「私たちは『VIVIZ』でありながら、同時に『GFRIEND』でもある」「『GFRIEND』の名に恥じないよう、何倍も努力します」と力強い発言を残し、「GFRIEND」の「Time for the Moon Night」「Rough」を披露し、会場を感動の渦へと包み込んだ。ステージをおりると「足の力が抜けた」「客席を見たんですが、私たちを見て泣いてらっしゃってそれをみて胸にグットきました」と感想を述べた。

2番手はHYOLYN。「SISTAR」の代表曲「Touch My Body」を披露し、ステージのカリスマらしい世界観で会場を沸かせた。圧巻のパフォーマンスを披露した彼女だが、実はこのとき、ブーツのかかとにヒビが入っており、ヒールが外れた状態でダンスをしていたことを告白。「みなさんがどんな気持ちでステージにあがっているかを感じてくださったようです。なので、ありがたかったです、本当に」とハプニングにも動じないプロの意識を見せた。

4月7日(木)の次回放送では「Kep1er」がトップバッターでパフォーマンスを披露。どんなステージになるのか期待を集めている。

ABEMA「QUEENDOM 2」(日本語字幕付き)は毎週木曜21時10分~放送(本編は21時20分頃に開始予定)。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close