ニュース

鈴木伸之“一狼”&犬飼貴丈“獅郎”の“おでこ合わせ”が話題、おまけシーンの“契約更新書類”にも注目集まる…「ケイ×ヤク」最終回 | .

鈴木伸之&犬飼貴丈共演「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」の最終回が3月17日深夜放送。一狼と獅郎の“おでこを合わせる”場面に多くの反応が集まるとともに、おまけシーンで映し出された獅郎の部屋の“契約更新書類”に視聴者から歓喜の声が続出している。

運動神経抜群ハイスペック男子だが超マジメで恋愛経験ゼロ。20年前のテロ事件で両親を失った公安捜査官・国下一狼を鈴木さんが、莉音と児童養護施設で育った英獅郎を犬飼さんがそれぞれ演じ、一狼の教育係兼バディで獅郎の姉でもある央莉音に栗山千明。一狼、獅郎とともに20年前のテロ事件を調べる警視庁公安部長・田口晶に徳井義実。

裏社会と繋がりを持ち獅郎とは愛人関係でもある内閣総理大臣・大須公昭に板尾創路。大須総理の息子で自身も衆議院議員をしている大須匡に吉村界人。大須総理とも深く関わる峰上組の“山田”に平田満。匡を連れ去った某国の諜報員“J”こと林に三浦誠己。一狼の幼馴染でスーシェフをしている葉月千夏に萩原みのりといった顔ぶれが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

一狼と獅郎は田口から、逮捕された東高茂(矢柴俊博)のPCから不審なメールが見つかったことを知らされる。そのメールは山田からのもので「匡と幸子(中田クルミ)をお預かりしました、お迎えは2日以内に」という内容。これは東ではなく自分たちに宛てられたメッセージで、2日以内に助けに来なければ匡と幸子を殺すという意味だと解釈する一狼たち。

獅郎は大須とコンタクト、息子を助けるためだと告げて山田たちが匡と幸子を監禁している場所に心当たりがないか尋ねる。そして匡と幸子の奪還作戦が始まった…というのが最終回の展開。

時計を合わせ作戦がスタートすると、満点の星空を見つめてからお互いのおでこを合わせる一狼と獅郎…「満天の星空の下で、ふたりが互いの無事を祈るかのようにおでこを寄せるシーンが印象的」「星を眺めてからのお互いの頭を引き寄せておでこコツンはヤバイ」などの声が続々投稿。

その後山田の口から、匡と幸子、そして死んだ彼らの級友らが20年前のテロ事件の犯人だという事実が明かされる。事件で両親を失った一狼の怒りを煽って匡を殺させようというのが山田の企みだったが、一狼は自制し獅郎もそれを助ける。匡が事件を自供したことで大須総理も辞任するが、山田と林はまだ捕まっておらず、一狼と獅郎の戦いは続く…というラストだった。

「この終わり方は・・・絶対に続編がありますよね?」「最後山田も林さんに、また2匹のハエに会えるってことですねみたく言ってましたよね!?それってそういう事ですよね!?」「山田と林との決着はついてないし、やっぱり続編もしくは劇場版を作ってもらうしかない」など、続編を期待する声が次々タイムラインにアップされていくなか、毎度話題を呼んでいる“おまけ”が今回も放送。

今回のおまけは旅行の準備をする一狼と獅郎が描かれていたが、その中で獅郎の部屋の“契約更新書類”がアップで映し出されるカットが。そこには“同居人氏名”として一狼の名前が書かれており…。

視聴者からは2人が正式に“同居”する運びになったことに「一狼は自分の住んでた所解約して正式に獅郎と一緒に住むことにしたって事でファイナルアンサーですか?」「最後の二人の名前が書かれてたのは尊すぎる…契約更新の書類であそこまでドキッとする日がくるとは…」「あの契約更新の書類が続編を示唆するってことでいいんですよね」などの反応が続出している。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close