ニュース

間宮祥太朗“芦田”の公開告白に「斬新!!」「告白鑑賞会」などの声、藤原さくら“凛”の“強気告白”にも大きな反応集まる…「ファイトソング」最終話 | .

清原果耶主演「ファイトソング」の最終話が3月15日オンエア。間宮祥太朗演じる芦田の“公開告白”に「斬新!!」「芦田の告白鑑賞会」などの声が集まる一方、藤原さくら演じる凛らしい“強気告白”にも「不器用さが可愛い」など絶賛の声が殺到している。

岡田惠和オリジナル脚本による本作は、空手の日本代表を目指していたがケガで夢を断たれ人生どん底だった木皿花枝が、心の支えにしてきた曲を手がけたミュージシャン・芦田春樹と出会い期間限定で“恋の取り組み”を始める。

だが花枝は耳の腫瘍の手術を控えていた…手術をすれば耳が聴こえなくなるかもしれず、花枝はそのことを隠したまま芦田との“恋の取り組み”を終え、彼の元を去る。それから2年が経ち、耳が聴こえなくなった花枝は芦田と再会する…というストーリーが展開してきた。

花枝を清原さんが演じ、芦田春樹には間宮さん。花枝に告白しフラれた夏川慎吾に菊池風磨(Sexy Zone)。花枝とも幼なじみで慎吾のことが好きな萩原凛に藤原さん。花枝たちが育った「あさひ学園」施設長の磯辺直美に稲森いずみ。聴覚障がいのグラフィックデザイナー・杉野葉子に石田ひかり。芦田のマネージャー・伊達弓子に栗山千明。迫智也に戸次重幸といったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

最終回では花枝と再会した芦田が、彼女に想いを伝えようとするもLINEがブロックされていることに気付く。「あさひ学園」の前で待ち伏せするが無視された芦田は、花枝のランニングコースにかかる橋に「花枝の頑なさを解かしたいんだ!恋の力で!」「だから話を聞いて!」「もしくは!」「ブロック解除!お願いします!」と書かれた“垂れ幕”を掲げたり、フリップでメッセージを伝えようとしたりと、あの手この手を駆使する。

この展開に「垂れ幕(笑)声出して笑った」「頑張りの方向性が違うぞ!違うぞ、芦田!」「芦田さんのクリエイティブさが変な方向に伸びている…」などの反応が上がるなか、芦田は慎吾の力を借りることに。慎吾は芦田の部屋のクリーニングを花枝に命じる。花枝が不安げな表情で久々に芦田の部屋を訪れると、そこには慎吾はじめあさひ学園の面々に葉子までが勢ぞろい。改め芦田は自分の想いを花枝に伝え、その言葉がテキストとしてスクリーンに映し出されていく…。

関係者一同を前にした“公開告白”に「えっ!?みんなで聞くスタイル?」「え、全員見てるとこで言うスタイルは斬新!!」「芦田の告白鑑賞会になってるww」などの声が殺到するが、この告白に花枝も「芦田さんのことが好き、大好き」と返答。晴れて2人は再び付き合うことになる。

またもや恋のキューピットとして大活躍した慎吾は凛に「自分の花枝に対する気持ちに気づかない芦田は世界一鈍感な男」だと話す。すると凛は「世界一はお前だよ」と答え「私が慎吾にずっと恋してることに全く気づかないからだよ」と続け、「私に恋させてやる」「とっとと恋しろよ私に!」と凛らしい言葉で慎吾に告白する…。

凛の告白にも「凛ちゃんの不器用さが可愛い」「とっとと恋しろよ私にってかわいいすぎ」「とっとと恋しろよ、いいですよ」「凛ちゃんよく言った。慎吾のハグかっこよすぎた」などの感想が続出。慎吾と凛の恋にも多くの声援が送られている。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close