ニュース

木村佳乃“薫”の衝撃告白に視聴者「激重展開」「絶対に見届ける」…「アライブ」10話 | .

松下奈緒、木村佳乃が共演する“腫瘍内科”を舞台にした「アライブ がん専門医のカルテ」の10話が3月12日放送。ラストで木村さん演じる薫の口から明かされた衝撃の言葉に「激重の展開」「悲しい」などの声が相次いでSNSに投稿されている。

薬物療法を専門にがん治療に取り組む“腫瘍内科”に本格的なスポットを当てた本作。夫を医療過誤で失った腫瘍内科医の恩田心に松下さん。心の夫・匠の手術を担当、自らもがんサバイバーの消化器外科医・梶山薫に木村さん。

腫瘍内科の研修医・結城涼に清原翔。夏樹奈海に岡崎紗絵。結城に想いを抱く乳がん患者の佐倉莉子に小川紗良。腫瘍内科医・光野守男に藤井隆、腫瘍内科部長の。阿久津晃に木下ほうかといった俳優陣が出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。


心と薫が担当するすい臓がんの患者、佐伯芳雄(相島一之)の弟、隼人(丸山智己)が、兄をより腕の良い外科医がいる有馬総合病院へ転院させると言い出す。心と薫は引き止めずその意向に従うことにする。

そんななか薫が腫瘍内科に女性を連れて来る。その女性は有馬総合病院の理事、結城美紀子(とよた真帆)で、佐伯の転院を断った謝罪に来たという。丁寧な美紀子の対応に感心する心だが、美紀子は出向いて来たのは息子の職場も見ておきたいからだと言う。美紀子は涼の母親だった。実は大病院の御曹司だった涼。涼の父は患者想いの医師だったがそれゆえ有馬一族とは合わず、今は地方で医者をしていた…というのが今回のストーリー。


有馬総合病院に行くことを拒み、みなと総合病院で外科医の道を選ぶ決意をする涼。「吹っ切れたあとの結城先生の笑顔ね演技うまっ」「きよたん神回ずーっと観てたい」などの声が上がる。

そして心にも国立がん医療センターへの移籍話が。阿久津の勧めもあり乗り気の心だが、ラストで薫から衝撃告白を受ける。薫の乳がん手術から5年の記念日を2人で祝う心だが、薫からがんの再発を告げられる。

「一緒に戦ってほしい」と心の手を取る薫に「序盤の胸の苦しさに匹敵するぐらいやばい心が持たん」「最終回に激重の展開もってきたな~」「これは辛い最終回に…でも絶対に見届ける」などの声が寄せられている。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Close
Close