ニュース

松田翔太“浅海”、ホッピーのアクセントにツッコミ殺到 志尊淳“大牙”のハグには「本気出てきた」「ハグの仕方も素敵」の声…「ムチャブリ!」6話 | .

高畑充希主演「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」の6話が2月16日放送。初めてホッピーを知った浅海の“アクセント”にツッコミが殺到。大牙の“ハグ”にも「大牙くんが本気出てきた」「ハグの仕方も素敵」などの声が続出している。

出世欲ナシ彼氏ナシの主人公が、社長の“ムチャブリ”で子会社社長に就任。レストランチェーンを任されることになる…というストーリーが展開する本作。

主人公の高梨雛子を高畑さんが演じ、雛子を「株式会社リレーション・フーズ」社長に抜擢するなど“ムチャブリ”がすごい「リレーション・ゲート」社長の浅海寛人に松田翔太。雛子のことが気になり出している「株式会社リレーション・フーズ」マーケティング担当の大牙涼に志尊淳。

リレーション・フーズの総務担当・宮内剛には荒川良々。リレーション・フーズで経理を担当している深山和湖に山田真歩。リレーション・フーズで営業を担当する田辺和真には忍成修吾。フレンチレストラン「プチボナール」のシェフ・古賀道夫には神保悟志。

雛子の親友で良き理解者、リレーション・フーズでともに働くことになった佐々川知美に夏帆。浅海の元交際相手で今は経営コンサルタントをしている桧山凛々子に優香。野上からアプローチを受けた浅海の秘書・水科柚に片山友希。雛子たちのライバル「野上フーズホールディングス」の御曹司・野上豪に笠松将といったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

雛子の母・令子(草刈民代)が突然家に押しかけ、当分泊まると言い出す。「プチボナール」新規5店舗オープンが迫り多忙を極める雛子だが、計画通りに物事を進めなければ気がすまない令子のせいで、雛子は仕事でも自宅でも追い詰められる。さらに令子は大牙と出会い意気投合、自宅に招いてしまう…というのが…というのが6話の展開。

浅海は雛子に対し、令子を「プチボナール」に連れていったらどうかと提案する。すると令子は浅海と食事ができると“勘違い”。その後「プチボナール」に大牙も現れ、雛子を含め4人でディナーすることに。その後浅海は大牙を誘い飲みに。大牙は行きつけの店に連れていくのだが、そこで浅海はホッピーを初めて知る…。

その際の浅海のホッピーの“読み方”に「ホッピーのアクセントかわいい(笑)」「ホッピーをホッケみたいに言わんでwww」「ホッピーのイントネーション(笑)」など視聴者からのツッコミが殺到。

終盤では社長室で抱き合う浅海と凛々子の姿を見てショックを受けた雛子が帰宅すると、家の前で待っている大牙と遭遇。雛子の様子を察し「なんで泣いてるんですか」と問いかける大牙に「泣いてないよ」と返す雛子。そんな雛子を大牙は抱きしめ「泣いてるよ」とつぶやく…。

大牙のハグに「きゃーーー!大牙くんが本気出てきたーーーーーーー!!」「タイミングばっちりやな、ハグの仕方も素敵やな」「雛子ちゃんが社長に揺れてるの大牙くんは気づいているのか……?だから攻めの体制に……?」などの反応が続出している。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close